世界一やさしい自己肯定感を高める方法と注意点!

☆一番分かりやすい「NLAメソッド」が働く仕組みとは⇒


☆↓ビックリするほどご好評いただいています!「タロット+NLAメール鑑定」
「優しい言葉に号泣」「ドンピシャすぎてビックリ」
10枚のカードであなたに必要な言葉をお伝えします。
今なら人数限定6000円⇒3980円キャンペーン中!!

☆本当の自己肯定感の意味とチェック法と高める方法と注意点!

こんにちは!心理カウンセラーで気功療術師で、

「一番楽に生きられるようになる『NLAメソッド』」のトモヒトです!

さて今回は、以前に書いた「自己肯定感とは?自己否定の仕組みと、自己肯定感のチェックと高める方法

自己肯定感とは?自己否定の仕組みと、自己肯定感のチェックと高める方法

の続編というか、最新版を書いてみたいと思います。

「自己肯定感の意味」とか「自己肯定感のチェック」などは、↑こちらの記事でやってもらうとして、

今回の記事では、特に「自己肯定感の注意点」を中心に書いてみたいと思います。

実は、多くの他の(サイトの)記事などで書かれているように「自分を磨いて自己肯定感をアップする!」というのには、逆に「自己否定感を高めてしまう」という危険性もあります。

この記事では、「世界一やさしい」自然と自己肯定感を高めていく方法を解説します。

☆そもそも「自己肯定感」の意味とは?

これは、以前の記事で詳しく書いたので、ここでは簡単に書くだけにとどめますが、

wikipediaによると

自己肯定感(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉」

ということで、自分を自分として評価できて、存在意義を見出している状態だと言えます。

◎勘違いしてしまうことも多い!

ところが、僕が感じるこの「自己肯定感」の危険性がここにあります。

「自分を自分として評価」という部分が、多くの人や多くの自己啓発書などでは、

「社会で認められる」ということが前提になっているものも多いように感じるのです。

「スキルを磨いて」「みんなに認められて」「会社で貢献して」・・・というように、

取りようによっては、「社会に貢献し、社会に認められるようになって、自分を認めよう」という風に感じてしまう内容のものも多いのが事実です。

特に「自己肯定感」というワードでネット検索してみると、上位に上がってくるのが

「自己否定感が高いとやばい」「自己否定感が高いと見落としがち」「自己否定感が強い人の訓練」・・・

という風に、まるで「自己否定感を強い人はダメだ!」と言わんばかりのタイトルが並びます。

◎別に「自己肯定感」を高めるために、訓練しなくて良い

もちろん、「自己肯定感が高い」ことは良いことです。

それが「何の基準と比較しているのか?」ということが重要です。

僕が今まで相談を受けた方の話などを聞いていると、ほとんどの人は

「社会一般の理想」と自分を比べて、「こんな私ではダメだ」と感じてしまっているのです。

しかし、そういう人に限って、しゃべったり、メールをしたりすると、その言葉から「凄く頭の良い人」と感じるような人がほとんどなのです。

「なぜこんな人が、自己否定感を感じないといけないの?」と感じることが多いのです。

逆に「自己肯定感が高い」人でも、確かに社会的には評価が高くても、よく話を聞いていると、

「実は、今の仕事にやりがいを感じられていないのです」という悩みを持っている人も少なくありません。

「自己肯定感」は、社会一般の基準に合わせて、訓練して無理矢理感じるべきものではないのです。

まずは、「現状の自分を認めてあげる」ということから始めるべきだと僕は思うのです。

◎自己否定する必要はない!

そして、今「自己否定感」を感じてしまっているなら、それが特に「社会の理想」と比較して、「私はダメだ」と感じているなら、今すぐ捨て去ってください。

「あなたは、あなたとしてダントツで世界一です!」

ダメなところなんてどこにもありません。それがあなただからです。

世の中の「凄い人」と言われる人を見ていると、「能力が高い」と感じるでしょうけど、そうではなくて、

実は、人は、「自分にできることをする」ことしかできないんです。

その「凄い人」も「自分にできることをしている」だけです。たまたまその分野の能力が高かっただけです。

あなたにも必ず、何かの分野で「あなたにしかできないこと」があります。それをするしかできません。

社会に認められようと、「あなたではないもの」になろうとせずに、「あなた」を極めてください。

自己肯定感ポイント1

「自己肯定感」とは「自分を自分として認めて、存在意義を感じられている状態」と言えますが、その「認める」基準が「社会一般の理想」などと比較してしまうと、「自分ではないもの」になろうとしてしまいがちです。本来「私はダメだ」と感じる必要のない人まで、自己否定感を感じてしまっている場合が多いのです。まずは、現状の自分を認めることから始めましょう。そして、あなたにできることをひたすらにやっていこう!

☆「自己肯定感を高める」注意点

「自己肯定感を高める」と言うと、スキルを磨いて、社交的になり、ビジネスで成功して・・・

というイメージにもなりがちですが、多くの人は「本当の自分」をよくわからないまま、一般的に「良い」とされる生き方をしようとしてしまいがちです。

しかし、その生き方に「成功」したとしても、「本当の自分」が置いてきぼりでは、余計に望まない生き方を続けなければいけないという危険性もあります。

◎まずは「自分の生き方」を知る

まずは、あなた自身が「どのように生きたいのか?」ということを知ることです。

「あなたはどのように生きたいですか?」と聞くと、多い回答として、

「人から認められて」「人に尊敬されて」「幸せな家庭を」「豊かに暮らして」・・・

という感じが多いのですが、

そもそも、「あなたがあなた自身を認めていますか?」「あなたにとって本当の幸せや豊かさとは?」

と質問すると、「え~、う~ん?」と悩む方が多いのです。

自分が自分自身を認められていなくて、人から本当に認められる感覚が分かるでしょうか?

人に認めてもらうにしても、自分のどんなところをアピールできるでしょうか?

自分にとっての本当の「幸せ」や「豊かさ」がはっきり分からなくて、それらを求めることができるでしょうか?

まずは、「社会的な成功」や「社会から認められる」ということを求める前に、

「私は、本当はどんな生き方をして行きたいのか?」ということを自分で知る必要があります。

それは、「一般的」「常識的」「社会的に」というようなことを除外した、本当にしたい生き方です。

◎本当の生き方ができれば、自然と「自己肯定感」は高まる

そして、あなたが「社会的な成功」などを求めず、あなたが本当にしたい生き方をでき始めれば、「自己肯定感」はわざわざ上げようとしなくても高まっていくのです。

多くの人がなんとなく、「社会的に成功すれば」「お金持ちになれば」「良い人と結婚すれば」「贅沢な生活をすれば」・・・

「幸せ」や「豊かさ」を感じて、「自己肯定感」が高まり、自分の存在意義を感じられるんじゃないか?

と思いこんでいますが、世の中を見れば分かりますが、例え「会社社長」でも「人気芸能人」でも「セレブ妻」でも本当に幸せな人ばかりでしょうか?

多くのものを得れば、幸せかと思いきや、その得た分だけ、「失う不安・恐怖」も同時に感じるようになるのです。

逆に、多くを得た人が、すべてを手放して、「田舎暮らし」を始めた時に初めて「本当の安らぎ」を感じるということもあるのです。

自分の心の底から求める生き方をし始めると、満足感もあるし、「人から認められるかどうか」はどうでもよくなるし、勝手に自己肯定感は高まるのです。

◎「自分を知らずに」生きる危険性

先ほども言ったように、多くの人が「自分の本当の望み」を知らないままに生きて、「人から社会からみとめられるために」自分の本当の幸せにつながるか分からないことに頑張っているがために、

いつまでも「幸せ・自己肯定感を感じるために頑張り続ける」というループの中に入り込んでしまいます。

多くの場合、その先には本当の幸せは無いのにです。

「自分で自分を認める」「自分の生き方を許してあげる」「自分の心の底からの望みをかなえてあげる」ということをしないと、本当の意味での「自己肯定感」や「幸せ」はずっと得られません。

「社会的な成功」「一般的な幸せ」「お金」「人から認められる」・・・これらのことを除外して、

「私は本当はどう生きたいのか?」ということを自分に問いかけた時に一番に出てくることは何ですか?

 

「ずっと本を読んでいたい」?「ずっと眠っていたい」?「ずっとお風呂に入っていたい」?

「ずっと散歩していたい」?・・・

本当は、そういうなんでもないことをしていたいのに、「それを心おきなくするためには、先ず社会で成功して、お金を持って、時間を作ってからじゃないといけない・・・」と生きているので、

いつまでたっても、その「信念」通りに、「なかなか余裕ができない現実」の中を生きることになるのです。

まるで、「世界を平和にするには、戦争して、世界を征服しなければいけない!」と言っているのと考え方は同じですw

◎「本当の自分の時間」を作りましょう。

もちろん、「今すぐ、社会的な仕事や夢は捨てなさい!」とは言いませんし、それらが「ダメだ!」と言っているのではありません。

一日のうち、1時間でも、「本当の自分で居る時間」というのを作ってあげてください。

別にダラダラするだけでもいいし、園芸を楽しむでもいいし、

「成功してから」「みんなに認められてから」と後回しにしないで、今できる範囲から「自分の本当の望み」を叶えさせてあげてください。

そうすると、その「楽しみ」自体が、仕事になっていくかもしれないし、「本当の自分の時間」ととってあげることで、「自己肯定感」が自然と高まり、

仕事や人間関係でも、今までとは見え方が変わっていき、良い結果を生むようになるかもしれません。

本当は心から好きでもないことを頑張って、「自己肯定感」を高めようとしても、あまりいい結果は出ないでしょう。

◎「ビジネスで成功する」必要はない

良く、自己啓発の本なんかで、ビジネスで成功している人を取り上げたり、ビジネスで成功している人が、そういう本を書いていたりするので、

「幸せに、自己肯定感を持つ」には、「ビジネスで成功」するべきなのか?と感じてしまっている方も多いようですが、

それ「全然関係ないんです!」

世の中では「成功者」と言われる人が「凄い」というイメージで、取り上げられがちですが、

ああいう人は、元々「ビジネスをすることが好き」なんです。そういう人がそう言う道で自分のやりたいことをやっているから、楽しそうに見えるだけです。

その人と、あなたは違うのです。どちらが良いとか悪いとかありません。

もちろん、あなたが成功しようが成功しまいが、「ビジネスを構築する」ことにワクワク、喜びを感じるならそれをすればいいでしょう。

しかし、「頑張らないと」「成功のためには今日も作業を積み上げないと」と義務の様にやっているなら、それはあなたの生き方ではありません。

「本当に好きなことを追及する」ということには、不思議なパワーがあります。

それが、「社会的に役に立つ」とか「みんなの注目を集める」とかは関係ありません。

特に今の時代、どんなことでも、追及し続ければ、注目する人は現れてくるし、仕事になりやすくなってきています。

それこそがいずれあなたの「ビジネス」になっていくだけのことです。

あなたが「自分にできること」をひたすらやっていったら、それがいつの間にか人の役に立ったり、共感を呼んだり、誰かの心を楽しくさせるんです。

一番重要なことは、「あなたがあなた自身を愛し、認め、そのままのあなたで居させてあげてください!」

それだけです。

自己肯定感ポイント2

あなたの「本当の望み」は「みんなに・社会に認められる」ことではありません。「あなたがあなた自身で居られること」です。あなたがあなた自身を認めて、ただひたすら「自分にできること」を続ければ、それが誰かの役に立ち、心を救うのです。

☆あなたにはコチラもおススメ↓

自分を愛するとすごい!どうやって愛する?3つのレベルとその方法。

☆一番分かりやすい「NLAメソッド」が働く仕組みとは⇒

あなたの現実はあなたの「信念」が創り出しています

「引き寄せの法則」も「信念」通りに起こるのです

NLAメソッドはその「信念」を直接書き換えて

あなたの現実を変化させます。


期間限定!大量の特典プレゼント中!

☆NLAメソッドとは?