comfort

☆潜在意識は「コンフォートゾーン」を選び続ける!

さて、前々回、そして、前回の補足で、

◎潜在意識が「信念」のフィルターによって、
 外界からの情報を取捨選択している。

◎私たちは外界からの情報のほんの一部しか
 認識できていない

◎「信念」は自信や行動にも影響を与える

◎「信念」は成功や幸せもブロックしてしまう

最強引き寄せの法則[理論編]004 「信念は世界を変える[2]」

そして、前回の記事で、

◎私たちが見ている「現実」は人それぞれの
「仮想現実」である。

最強引き寄せの法則[理論編]005 「この世界は仮想現実(VR)?」

ということを書きました。

 

そして、今回は、前々回の最後にもチラッと触れましたが、
『潜在意識は「コンフォートゾーン」を選択し続ける」

ということで書いてみたいと思います。

☆潜在意識はあなたの安全を守り続けている!

さて、私たちが普段意識している、何かを考えたり、
認識している部分を、「顕在意識」

普段意識できない、生きる上で重要な、心臓を動かすことや
体温を調節するなどの体の機能などのような、、

「忘れてしまう」と大変というような部分を受け持っているのが
「潜在意識」とも言われています。

潜在意識は、常に私たちが安全に生きていけるように、
色々な調節などをしてくれているんですが、

この機能は、心理的、精神的な部分にも及んでいるんです。

つまり、気持ちのバランスを調整したり、

あなたが生きていくうえで、あまりにもショックを
受けるようなことを出来るだけ避けようとしてくれます。

なので、あまりにも強い痛みや、ショッキングな出来事に
遭遇すると、人間はその強烈な情報に耐えきれなくなるので、

意識で認識しないように、「気絶」したりします。

「よし!気絶しよう!」と頭で考えて気絶できないように、

これは、「潜在意識」がその人の「危機」を感じて、
それをモロに食らわないように自動的に守ってくれています。

そして、あなたを出来るだけ快適な状態、つまり
「コンフォートゾーン」に居続けることが出来るように、

「不快感」などを感じさせて、危ない場所に行かせない
でおこうと努力してくれます。

「トラウマ」と言われるのもこの作用だと言えます。

つまり、過去に一度遭遇して、あまりにもショッキング
だった出来事があると、

その出来事が起こった当時と似たシュチュエーションに
出会っただけで、恐怖感や不安感などの「不快感」を
感じさせて、

その行動や、場所に行くこと、その場にいることを
止めさせようとします。

あなたを「コンフォートゾーン」に固定する働きを
してくれているんです。

☆潜在意識が「成功」も邪魔する!?

しかし、そのあなたを「安全」に生きてもらおうと、

あなたを「コンフォートゾーン」に居てもらおうとする

潜在意識の努力が、同時に、あなたを「成功」から
遠ざけるということも、起こってきてしまいます。

つまり、いわゆる世間的な「成功」と言うと、

◎お金をたくさん稼ぐ(手に入れる)

◎仕事で昇進、成り上がってトップに立つ

◎何かの分野・スキルでプロになる

◎幸せな(結婚)生活をする

などなど、あると思います。

そんな幸せなはずの「成功」を、なんで潜在意識は
避けるんだよ!?

と思うかもしれませんが、

上記のような「成功」を手に入れるということは、

いま現在生活している環境から、新しい環境、
今まで体験してこなかったゾーンに入っていくこと
につながっている場合が多いからです。

そして、おそらく多くの人の中に、

例えば、「お金持ちになる」ということには、

お金持ちは悪いことをしてるんじゃないの?
お金持ちになるとみんなから批判されるんじゃないか?
みんなからお金を狙われて奪われるんじゃないか?
みんなお金目当てで近づいてきて信用できないように
なるんじゃないか・・・?

などなど、ネガティブな情報を多く持っています。

また、特に日本人では「お金をたくさん持つ」
ということに対する罪悪感を強く持っている場合が
多いです。

そして、それらのことを考えると、不安や恐怖感を感じるために、

潜在意識は、

「ああ、この人はお金持ちになるのが怖いんだな」

と判断して、お金持ちになるような情報やシュチュエーション
行動を避けさせようとします。

つまり、「お金持ちになるのは危険」という、「信念」
を持ってしまっていることで、

それがフィルターとなって、あなたを「お金持ち」の情報
から遠ざけ続けます。

つまり、「お金持ちになっている」状態があなたにとっては
危険な状態となってしまっているんです。

だから、潜在意識は何の悪気もなく、あなたを守るために、
最大限の努力であなたをお金持ちとは反対の状態に固定
してくれています。

逆に言うと、

「お金持ちになる」=「コンフォートゾーン」に
なることができれば、

潜在意識が最大限に協力してくれて、
あなたを自動的に、「お金持ち」へと導いてくれます。

☆「信念」と「コンフォートゾーン」の関係性

 

そして、ちょっと内容的に繰り返しの部分もありますが、

前々回お話したように

私たちは今まで生きてきた中で作り上げられた

「信念」によって、その「常識」以外の部分は

「見えない」「聞こえない」ようになっている

 

ということを書きましたが、それを例えると、

例えば、鉄板に大きさ5センチの星形の穴が開いているとします、

そこに、直径7センチの丸型のものが通ろうとしたらどうでしょうか?

filter0011

 

つまり、星形の穴がある場合、それよりも大きなものが入って来ようとすると、

自動的に、真ん中の星形の穴以外の部分は切り捨てられます。

(もしくは、見えなくなります)

filter0012

↑のように、星形以外の部分は通れません。
私たちの脳(潜在意識)でも、同じようなことが起こっていて、

 

前回も書いたような、「自分は年収500万円くらいまでが妥当だ」と

意識的にか、無意識的にか思っていると、その年収500万円になる

情報というのが、上の図で言うところの、星形の部分

 

そこに、年収1億円になるための情報、赤い丸型の情報が入ってこようとしても、

その、周りの重要な部分というのが入ってこない、認識できない

という風になっていつまでも、私たちを「年収500万円にとどめておこう」

というプログラミングが働き続けることになります。

 

まあ、あくまで上の図はイメージ図であって、

ほんとうは人それぞれ、いろいろな部分が「穴あき」のフィルターを

持っていて、一人として全く同じものはないと思います。

filter0013

それによって、一人一人の「常識」「個性」というものが

出来上がっているのですが、

それが時として、私たちの「成功」を「邪魔」してしまうことがあるので、

 

いくら、頑張って、いろいろなテクニックを使って改善しようとしても、

すぐに結果が出る人と、なかなか結果が出ない人という違いが出てきます。

 

 

つまり、同じ情報を聞いても、「聞こえている」部分、脳が「認識できる」

部分が、違うので、自然と、その後の行動や考え方が違ってきます。

 

そして、その「信念」は私たちの「生存本能」というものにかかわってくるので、

今まで慣れ親しんできた「常識」から外れることを脳(潜在意識)は嫌います。

今までの「常識」の外に出るのは「(命の)危険」だと判断するからです。

つまり「コンフォートゾーン」ですね。

 

そのために、さっきの年収の話で行くと、

今までの常識が年収500万円です。年収1億円というと、

大きく、今までの「常識」「コンフォートゾーン」
から外れたことになります。

 

そうすると、脳(潜在意識)は

「これは危険だ、この人を守らなければ」と判断し、

違和感や嫌悪感というものを感じさせ、

「年収1億円になるには、すごい苦労をしなければいけないんじゃないか?」
「社長なんかになったら、人を使うことで大変な思いをするんじゃないか」
「税金とかで大変なんじゃないか」「悪いことしないと無理なんじゃ」・・・

 

と、今まで生きてきた中で聞いた話や親から聞かされた話の情報から

年収1億円になることへの恐怖、不安というものを総動員して、
今の「安全な世界」にとどめようとする。

 

もちろんたとえ話ですが、このような働きが自然と起こっているといえます。

 

逆にいうと、この「信念」の部分を変化させることができれば、

自然と、自分が設定した「成功」へと導かれていくということになります。

 

この、「信念」を変化させていくというのには、いくつかの段階を

踏まないと難しい部分もありますが、習慣にしてしまえばすごく楽に

達成できると思います。

 

その、自分の信念を変化させていくテクニックや手法はこれから

徐々に順を追って、書いていきますので、お楽しみに。

 

☆お金持ちになるには一度貧乏になる必要がある!?

良く、成功した方の本などで、今色々なことで成功して
大金持ちになっている方の本などを読むと、

けっこうな確率で、一度、ホームレスになるくらいに
貧乏になって、そこから、大逆転!

みたいな話が書かれていることがあります。

なので、もしかしたら大金持ちになるためには、
「正負の法則」的なもので、一度かなりの貧乏に
ならないといけないのか!?

みたいに思ったことがあるかもしれません。

僕は実際そう思いましたw

しかし、これも今回書いた「コンフォートゾーン」
の理論から考えてみると、

きっとその方も一度極限まで貧乏になるまでは、
どこかで、「お金持ち」になることに「不快感」を

感じていたかもしれませんが、

あまりにも貧乏になったために、その「不快感」
の方が圧倒的に強くなり、

逆に、そのあまりに強い不快感から、
「お金持ち」になるしかない、

お金をたくさん稼ぐということに対して、
不安や恐怖感を感じなくなるくらい、

貧乏な状態に本当に不快感感じたことで、

「お金持ち」に対するネガティブな感情が
リセットされて、潜在意識が、

あなたを守るために、自動的に
「成功に向かわせた」

ということが言えると思います。

だから、「お金持ち」になるには、貧乏になる必要
はないけど、

一度貧乏の不快感を強烈に感じることで、

お金持ちになることに対する不快感や罪悪感が
なくなって、そちらが「コンフォートゾーン」に変換された

ということじゃないでしょうか。

このブログでは、そういう「強烈な体験」を
しなくても、自動的に「成功」に導かれる方法を

書いていきますので、このブログの読者である
あなたは、貧乏にならなくても大丈夫ですよ!ww