kyoumi

☆あなたの興味が世界を変えるんです!

さて前回は、

☆潜在意識があなたを「コンフォートゾーン」
に縛り付けている

☆たとえそれが「成功」であっても、あなたの
今までの生活からかけ離れた世界にはなかなか行けない

☆「信念」のフィルターがコンフォートゾーンを
決めている

というような話をしました。

今回は、さらに「興味があなたの世界を変える」ということについて
書いてみたいと思います。

☆「見て」も記憶できない秘密!?

人間は基本的に、言語が発達して、その対象物が

「認識できて、言語に翻訳できて」

初めて、記憶できるといわれています。

 

つまり、「あれは○○というものだ」ということを認識して初めて

記憶に残せるということです。

 

赤ちゃんの頃の記憶がないのは、この「言語化」ができないからと言われています。

というか、言語で記憶していないので、

成長して主に言語(思考)の中で生活している
私たちには「翻訳」できないという感じでしょうか。

 

ちょっと脱線しますが、言語脳は左脳、空間認識や視覚は右脳の役目

という感じですが、

 

もちろん、右脳は、その時見た風景や物を映像としては見ています。だから、

映像は脳(潜在意識)の中に、残っているのですが、そこで、

その見たものを知っていれば、左脳が「あ、あれは◎◎だ」

と言語化できて、記憶に残るのですが、

 

右脳が映像を認識しても、左脳が言語化できないものは、

そのまま「映像記憶」としてだけ残って、

僕たち(顕在意識)が認識できる「記憶」としては

残りません。なので、時々、

「あ、これ前にどこかで見たことある!」しかし、どこで見たのか思い出せない

というようなことが起こるのです。

 

そこで、どこかの風景を見たときに、すごく「懐かしい気がする」んだけど、

(前にいつ見たというような)記憶にはないということが起こったりします。

 

話を戻しますが、つまり、人間は自分が「興味」があって、

注目している、「焦点(フォーカス)」を合わせているものしか「認識」できません。

 ☆それを聞き分けるってすごくない!?

もう一つ、今度は「聴覚」についての話ですが、

 

「カクテルパーティー効果」という言葉はご存知でしょうか?

パーティーなどのたくさんの人が一斉に会話をしているような環境でも、

自分が話している相手の声だけを選択的に聞いたり、

ざわざわした中でも、自分の名前を呼ばれると気付く

というような現象というか、人間の能力のことを言います。

 

この時も、誰かと話していて、周りの声の音量も結構大きいはずなのに、

周りの人たちの話は「聞こえない(認識できない)」ということが起こります。

 

つまり、先ほども言ったように、人間は自分の興味のあるのもだけを「認識」して、

それ以外のことは「フィルター」にかけて、スルーしてしまうことができる、

それ以外のことを無意識的に「無視」してしまえるということです。

一度、友人などとにぎやかな場所で会話している
所を、スマホのアプリなどで録音してみれば
分かりますが、

実際に話しているときは、主に友人の声しか
耳に入ってきませんが、

録音した音を聞くと、すごく色々な音がしていて、
この中でよく友人の声だけ識別できてたなあ

ときっと思いますよw

☆興味によって見える世界が違うんです!

先ほどまで書いたように、

一般的には、人間は、外界からの刺激(情報)の何万分の1くらいしか、

情報処理、「認識」できないと言われています。

 

つまり、私たちは、日常生活で、すべてのことを「認識」していると

思いがちですが、この世界のほんの何万分の1のことしか知らずに生きているのです。

 

そして、人によって、「興味(フィルター)」が違うので、

その、「認識(記憶)」している

世界が違ってくる、

 

同じ家で、同じ時間を過ごしていても、2人の人間の間で

「記憶」が全然違うというようなことは、このような理由から起きていることなのです。

 

私たちは、自分の興味(フィルター)によって、

全然違う世界を見ているということになります。

 

そして、この「興味(信念・フィルター)」を変化させることで、

「見える世界が変わる」ということになります。

 

さらに、この興味や信念のフィルターをうまく変化させることができれば、

「自分が見たい世界」が見えてくるということになります。

絵で表すとこのようなイメージになります

 

filter001

さて、次回は「信念(興味・フィルター)」はどのように形成されるのか?」

について書きたいと思います。