☆引き寄せの法則は危険?

 

こんにちは!心理カウンセラーで気功師で

「NLAメソッド」のトモヒトです!

 

さて今回は、「引き寄せの法則」の危険性について

書いてみたいと思います。

 

僕も、もちろん「引き寄せの法則」は信じていますし、

僕が提唱する「NLAメソッド」も、

そもそもの土台は「引き寄せの法則」から始まっていますし、

 

「引き寄せの法則」自体を否定するつもりはありません。

 

昔から、「類は友を呼ぶ」などの言葉があるように、

似た波動を持つ者同士は引き合うというのは厳然として

事実です。

 

そして、僕の「NLAメソッド」の理論でも、

「注目するものが現実となっていく」ということは、

そうとしか考えられないとまで言えます。

 

しかし、世間で色々な方が「引き寄せの法則」を実践し、

成功したと感じている方たちが、色々な本やブログなどで、

 

「こうやったら成功します」

「こうやらないから成功しません」

 

と色々なコツや、方法論を展開していますが、

 

それが逆に「引き寄せの法則」を余計に難しくさせる

という危険性があります。

 

◎方法論の危険性

 

はっきり言うと、「引き寄せの法則」は「方法」で

実現するものではありません。

 

つまり、「これをこうしたから成功する」

という性質のものではなくて、

 

”あなた自身がそれに成った”

 

瞬間にそれが実現します。

 

何をするかよりも、あなたがどんな意識で居るか

ということが重要です。

 

多くの場合、「引き寄せの法則」を成功させたいと

思っている方は、本を読んだり、ブログを読んだり、

セミナーに行ったり・・・と

 

色々と頑張っちゃってます。

 

どこかに、自分が求めている「答え」が

書いてあるんじゃないかと、探し回っています。

 

つまり、その時のその人の心理は、

 

「自分はまだまだ実力やパワーや、知識が

足りないから、頑張ってそれを手に入れないと、

うまく引き寄せられないし、あの人みたいになれない。

私はまだ願望を実現できない」

 

という状態じゃないでしょうか?

 

じゃなければ、知識を求めて、色々な本を読んだり、

講演を聞きにいかないですよね?

 

つまり、「足りない私」であり続けています。

 

だから、その「信念」がその通りの「現実」を見せてくれています。

 

◎一回全てから離れてみては?

 

一度、「答えを求める」状態から離れてみませんか?

 

もし今あなたが、「引き寄せを頑張っちゃってる」状態であれば、

 

願望の実現を「難しいもの」にしてしまっている可能性があります。

 

その「頑張ること」で逆に「実現を遠ざけている」状態から

一回離れてみましょう。

 

あなたが「こうなりたい」と思ったことは、

 

あなたが実現する可能性が大きいから思いつきました。

 

漠然と「お金持ちになりたい」なんて言うことではなくて、

 

心の底から、「私はこんな人で居たい」という生き方は、

 

あなただから、あなたが実現するべきだから、

あなたの意識の上に現れてきました。

 

だから、本来、その願望を実現するのは、当然といってもいいんです。

 

それを信じられるか?自分を信じられるか?

自分に自信をもって生きられるか?

 

ということだけです。

 

◎これからの「引き寄せの法則」実践法は?

 

「じゃあどうすればいいの?」と思うかもしれませんが、

 

実は、方法は一つです。

 

「私は、最高の人生を生きるし、望むことは何からの形で

絶対に実現する」

 

と信じて、日々を楽しむということです。

 

うまく「引き寄せる」ために、努力をする必要はありません。

 

あなたが今感じている気持ち、普段注目・心配すること、

信じていることが、

 

あなたの目の前の現実を創りだします。

 

未来な事ばかり見ずに、

 

今目の前の美しさに気づいてください。

 

鏡に映る自分自身を見て、それを愛してあげてください。

 

鏡の自分が笑うためには、先ずあなたが笑わないと。

 

それなのに、「引き寄せの法則」を使おうとすると、

「先に鏡(現実)が笑うこと」を求めてしまいます。

 

まずは、あなたがその理想の人物であると思い込んでください。

 

そのある意味「勘違い」が、その通りの「現実」を

作り出していきます。

 

まずはあなたが変わるから、目の前の「現実」が変わります。

 

私たちは、自分の「意識」を通してしか、この世界を

感じることができません。

 

つまり、「意識」次第で、全ては変化します。

 

同じ環境でも、楽しめる人と、楽しめない人が出てくるのはそのためです。

 

悩んだ時は、思い出してください。

 

「現実」に笑って欲しければ、まずはあなたが笑って!