悟りを開くとどうなる?悟りを開く方法とは?
☆期間限定!3冊の電子書籍プレゼント中!

さらに「シークレット」が知りたい方は、↓
コチラを受け取ってください!

 

「お金の心理学」他3冊ですが、
これを、特別にプレゼントしています。

期間限定!無料プレゼント中!

「「引き寄せの法則」の危険性と終焉」
◎思い込みを変えるだけ。お金の超実践的引き寄せ
◎お金を引き寄せる心理学
 

合計3冊の膨大な電子書籍をプレゼント中!!

豪華3大プレゼント!受け取りページ↓

https://hikiyose-saikyou.com/?page_id=576

☆悟りを開くとどうなる?悟りを開く方法とは?

こんにちは!心理カウンセラーで

気功療術師のトモヒトです!

 

最近は色々と縁があって、「悟り」に関する

本をたくさん読んだり、

瞑想を続けたりして、「悟り」ということに

触れる機会が多いので、

 

僕が感じた、「悟り」に対する考察・まとめを

書いてみたいと思います。

 

あ、僕は現時点で、明確に「悟りを開いた」

ということではないので、

実際に悟りを開いた方の体験談というか、

実際の「叡智」を知りたい場合は、後半のおすすめ本

などを参考にしてください。

さらに詳しく「悟りを開く」について解説したのが

こちらです↓

「悟りを開く」をわかりやすく解説!どうなる?勘違い?修行が必要?

 

☆「悟り」は開くものではない。

さて、よく表現として、「悟りを開く」とは言いますが、

色々な「覚者」の方の本などを読んでみると、共通して

 

「自分の意志や努力で開けるものではない」

 

と言います。

 

つまり、「悟り」とは、私たちが普段意識できる

「顕在意識・自我」の部分が「消える」ことによって

「起こる」ことです。

 

つまりは、私たちが自分の意志で、「自我」の努力によって、

「達成」されるものではなくて、

 

例えるなら、布団に入って、

いつの間にか「眠り」に入っているように、

自分の意志によって起こせるものではありません。

 

「眠り」が自分の意志で起こせるものならば、

 

「なかなか寝付けない」とか、

「車の運転中に居眠り」なんてことは起きません。

 

つまり、「眠り」は、自分の意志や自我が起こしている

事ではなくて、「どこかからやってくる」という言い方が

良いかもしれません。

 

その「眠り」のように、「悟り」がどこかから「起こる」

という感覚なので、

 

「自我」による、努力や、修行の結果として、

「達成」できるもの、

「意志」で追及して得られるものでは無いということです。

 

つまり、「悟りを開くためにはどうしたらいいのか?」

「こうすれば悟りが開けるのかな?」と

「自我」によって、目指すものでは無くて、

 

何かのきっかけが「自我」が消えた瞬間に、

「気づく」という方が近いかもしれません。

 

「肉体」や「顕在意識(自我)」ではなくて、

その「自我」が消えた瞬間の「静寂」、

それが本来の自分だと「気づく」というのが、

 

「悟りを開く」ということだと言えるでしょう。

 

◎ならば禅や修行僧は何のために修行を?

 

そうすると、「悟りを開く」ために、修行や座禅などを

している修行僧などは、無意味なことをしているのか?

という話になりますが、

 

あれは、とにかく「自我」によって、

あらゆる修行、「禅問答」「滝行」などの「行為」を

通して、

 

極限まで「自我(顕在意識)」を働かせることによって、

 

例えるなら、爆音でヘビーメタルのライブを見た後に、

外に出たら、すごく「静か」と感じるように、

 

自分の「自我」を極限まで、「うるさく」することで、

その後の「静寂」に気づき、

 

「あ、この静寂が本来の私なんだ」と「気づく」

という感じでしょうか。

 

そのために、「禅問答」などで、答えの無いような質問

に対して、頭脳をフル回転して答えを出し、

その反動で、「頭脳(自我)」を疲れさせて、

静かになった後の、「静寂」を見る。

 

全てを観照している存在に気づく。

 

☆悟りを開くとどうなるのか?

次に、「悟りを開く」とどうなるのか?

 

ということですが、色々な情報で共通していることは、

 

「本来の『私』は『一なるもの』しか存在せず、

個人の『私』は存在しない。「これが私だ」

という思い込みだけが、個人を作り出している」

 

「この『現実』が自分(自我)が作り出した全くの『幻想』

だということに気づく」

 

「『自我』がゲームのキャラクターで、『真我』が

ゲームプレイヤーだということに気づくので、

『自分はどんなことがあっても大丈夫』ということに気づく」

 

「この『現実』の一切が『幻想』であり、

『真我』には一切の影響を及ぼさないということを知る」

 

「全ては、『全体(真我・神・宇宙)』が起こしている

事であり、全ては完璧で、『自我』はそこから流れて来る

思考や意志などに自動的に反応して、『現実』を作り出している」

 

「私たち(自我)は、『映画』の中の俳優であり、

『監督(真我・神・宇宙)』の指示通りストーリーを演じているだけ」

 

「時間というものは存在せず、『いま』だけがあり、

全ては『いま』起こっていて、変えられるのは『いま』

だけ。行動や現実を変えるのは、『いま』であり、

過去も未来も存在しない。あるのは、頭の中の記憶と想像だけ」

 

「全ての流れは完璧で、どんな形でも、

あなたを『悟り』に向かわせるためのストーリーが

展開されているのであり、目の前の『現実』は

そのために創りだされている」

 

「『現実』はすべて、『自我』の『信念』

が作り出している物であり、個人個人の『現実(幻想)』

を見ている」

 

「全ての人は、『悟りを開いている』けれども、

『自我』が自分の存在が無くなってしまうのが怖いから

抵抗して、気付かせないようにしている。

そのために「問題」を起こし、それに気をとらせる

ことで、真実気付かないようにしている」

 

・・・

 

というように、多くの人が思っているような、

 

「スーパーパワー」が手に入ったり、

「全ての知識」が手に入ったり、

「全てが分かる」

「全ての問題が解決する(ある意味問題は消えるけど)」

・・・というような状態ではなく、

 

「自分」というものが、個人ではなく、

大きな「一つの存在」であるということに気づき、

 

たとえのように、今までは、自分をゲームの中の

キャラクター自身だと思い込んで、ゲームをプレー

していたのが、

 

「なんだ、このゲームをプレーしている、

プレイヤーだったのか!」と気づくことで、

気楽に見れるようになる。という感じでしょうか。

 

もしあなたが、ゲームのキャラクター自身だったら、

あんなふうに、気軽に土管を飛び越えたりできませんよね?

怖くて。ww

 

でも、「これはゲームだ」と分かっているから、

何回死んでも、平気で挑戦できる。

 

私たちは、このゲームのキャラクターを完全に「自分」

だと思い込んでいるから、

「この現実は大変だ」「気を付けて生きないといけない」

「なんて問題が降りかかるんだ」と思っちゃいますが、

 

プレイヤーだと分かれば、もっと気楽に

「よし、今日はこのミッションに挑戦してみよう!」

と思えませんか?

 

また、「悟りを開いた」からと言って、

「問題」が起こらないわけではないし、

「悲しみ」や「怒り」なども湧いてきますが、

 

それらがすべて、「全体」から流れてきている

だけのもので、「大した意味はない」ということに気づく。

 

その「問題」を深刻に、真正面からとらえて、

取り組み始めると、「大問題」になっていき、

フォーカスするものは、「拡大」する性質から、

どんどん「問題」が起こってくる。

 

「悟りを開く」と、その「問題」が起こっても、

それに巻き込まれることが無くなり、

その「問題」に対して、湧き起ってくる「感情・思考」

などにも巻き込まれなくなるので、「問題」ではなくなる。

 

ただ、「いま」自分が出来ること、思いついたこと、

やりたいことをただやっていくことによって、

自然と全ては、「過ぎ去ってゆく」。

 

衰退したものはまた盛り上がり、

盛り上がっていたものは、また衰退し、

何かが生まれて、何かが去ってゆく・・・

 

常にそういう「流れ」があるだけであり、

今もし「苦悩」を抱えていたとしても、

それもいずれ、去ってゆく。

いま感じている「幸せ」もいずれ去ってゆく。

 

それだけ。

 

◎「自由意志」はあるのか?「運命」で全部決まっているのか?

ここで、必ず気になったり、議論になるのが、

この世界には、「自由意志」はあるのか?

それとも、全て「運命」で決まっているのか?

 

ということですが、

 

これも、多くの「覚者」が共通して言っているのが、

 

「全ては、『全体』によって決まっているが、

その『シナリオ』は悟りを開いても、わかることではない。

しかし、その『シナリオ』のなかで、

『自由意志』を持って生きる人間、という設定で

生かされているので、『自由意志』を持っているともいえる」

 

「例えば、『引き寄せの法則』で望み通りの人生を

生きる人、という設定で、

人生の中で『引き寄せの法則』に出会い、

それを信じて、それを実践することで、

色々な望みを実現する・・・

という『自由意志』で生きているような人生を

体験するけれども、

実際、なぜその人が『引き寄せの法則』に出会い、

興味を持って、それを信じたのか?ということを

突き詰めてみると、

たまたま、この時代に『引き寄せの法則』がはやって、

たまたま人生に悩んでいて、

たまたま本屋で『引き寄せ』本が目について・・・

という感じで、

本人も、『なぜか』『不思議と』

という、理由が分からなかったりする。

つまり、『自由意志』で生きているように自分では

感じているけども、そもそものきっかけというものは、

自分の意志で起こしたことではない。

ということから、『自由意志』があるともいえるし、

それに出会うのは『運命』だったともいえる」

 

というように、私たちの限られた視点から見ると、

人生は予想もつかない出来事の連続であり、

その中を、自分の意志で、選択して生きてきた気になっているが、

そもそも、その「選択」をしなければいけなくなった、

出来事やシュチュエーションは、自分の意志で起こしたことでなく、

また、その「選択」自体も、今まで育ってきた環境や、

人間関係の中から、形成された、「意志」であり、

環境が違えば、自然と「選択」も変わってくる。

 

例えば、これを読んでいるあなたが、

アフリカの原住民部族の中で生まれれば、

おそらく「ITエンジニアになりたい」という選択肢は

無かったように、

 

ある小さな局面だけでみれば、「自分の意志」

で選択したようにも思えるし、

大きな視点で見れば、全て、環境や偶然によって

「選ばされた」ともいえる。

 

つまり、見る角度によって

 

「自由意志」があるともいえるし、

その選択すべてが「運命」だったともいえる。

 

言ってしまえば、

 

「『自由意志』があろうが、『運命』が決まっていようが、

悟りを開いても、「先は分からない」んだから、

どっちでもいいんじゃない?」

 

ということでしょうかww

 

つまり、私たちにできる唯一のことは、

 

「目の前のこと、『いま』起こっていることに、

自分がどう思って、どうしたいか?

それを一心にやる」

 

ということだけじゃないでしょうか?

 

☆「悟りを開く」方法とは?

さて、ここまで「悟り」はどういうものか?ということ

について、まとめてきましたが、

 

「では、『悟りを開く』方法はあるのか?」

ということですが、

 

先ほども書いたように、「眠り」と一緒で、

「はい!今寝ます」とすぐに眠れないように、

いつの間にか「眠りに落ちる」という感じで、

いつの間にか「悟りに落ちる」ものなので、

 

意志や努力によって、起こせることではないけれども、

 

「眠りやすい環境」を作れるように、

「悟りやすい環境」を作ることはできる。

 

そのための方法が「瞑想」や「真我探求」や、

「荒行」ということになる。

 

つまり、簡単に言うと、「悟りを開きやすい」

瞬間というのは、「自我(思考)」が止んだ状態を

創りだすことで、

その「もや」で見えなくなっている、「真我」に気づく

という状態なので、

 

例えば、「滝行」などの「荒行」で言うと、

「冷たい」「辛い」「しんどい」などを激しく

感じることで、その後に訪れる「放心状態」、「静寂」

に「気づく」ことで、「それ」自体に戻る

 

「瞑想」によって、

「思考(自我)」を見つめ、

自分自身が「思考(自我)」であるとか、

自分自身が「肉体」であるという、「同一化」

から離れて、

 

その「思考」を湧かせている大元は何なのか?

それを見つめているのは何なのか?

 

ということに「気づく」ことによって、

 

「それ」が本来の自分だと思い出す。

 

 

という感じでしょうか。

 

しかし、「何かを達成しよう」とか、

「何かを得よう」という「意志」を持ってしまうと、

それ自体が「自我」の働きであるために、

 

「自我」を消すために、瞑想などをしているのに、

「自我」自身で「自我」を消そうとしている

ことになってしまい、それは不可能になる。

 

だから、最初は「能動的」に「瞑想」などを

実践しつつ、何かを得ようとか、達成しようではなくて、

ただ、受け身になって、その中で起こってくることを、

静かに「見つめる」ということがカギのようですね。

 

「瞑想」で検索すれば、色々と出てくるし、

本などもたくさんあるので、あなた自身に合っていそうだと

感じるものを選んで、

それを参考にしてください。

 

個人的なおススメとしては、簡単なものとして、

 

もう少し本格的な物なら、

 

☆「悟り」系おススメ本

さて、最後に、僕が実際に読んで、

かなり参考になった本を何冊かご紹介していきます。

 

◎「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー  中野 真作


優しい語り口で、「悟り」とはどういうものなのか?
ということを実体験とともに解説してくれています。
入門編としては最適じゃないでしょうか?

 

◎癒しと目覚め Q&A 中野 真作

そして、こちらも「中野真作」さんの2冊目の本で、
前回の「「私」という夢から覚めて~」刊行後に、
セミナーやカウンセリングの中などで、寄せられた
質問に対する答えを書いてくれています。また、
「悟り」を開きやすい状態を作り出すための
エクササイズなども紹介されているので、面白いと思います。

 

◎降参のススメ 阿部 敏郎 雲黒斎

こちらは、日本では「悟り系」で有名な
お二人がコラボした、セミナーの内容を
起こした本になりますが、内容も単純に面白いし、
気分が楽になるし、「悟り」がどういうものか
ということがなんとなく理解できます。

 

◎あなたが知らないあなたの話 阿部 敏郎 雲黒斎

 


こちらも先ほどの「降参のススメ」の阿部 敏郎 雲黒斎
の二人が、「あなた(私)」はいないということについて、
「降参のススメ」よりもストレートに、語っています。
はじめて読む人には、「私たちはいま以上に幸せにならない」
という部分などが抵抗があるかもしれませんが、
実は、私たちは「いま」十分に幸せであるということに
気付くキッカケになるかもしれません。また、
気が楽になると思います。

 

◎“それ”は在る ヘルメス・J・シャンブ

こちらは個人的に、始めて「悟り系」の本を
読むキッカケになった本ですが、この本を始めて
読んだ当時は、まだまだよくわからないという
印象でしたが、「そういうものなんだ」という発見もあったし、
アマゾンのレビューなんかでも、「初めて読んだ時は
あまり印象に残りませんでしたが、しばらくして読み直してみると、
この本以外には必要ない」というくらい、深い本と言えると思います。

 

◎幻想からの解放―ある異邦人の手記 富平 正文

こちらの本は、若くして「覚醒体験」をしたと言われる、
著者が、この「現実という幻想」が、私たちの「自我」
によって、どのように生み出されて、それらのすべてが
「幻想」であり、なんの力も持っていないということを、
色々な方面から解説している本になります。
ただ、具体的な解決法なども示されていないし、
文体が硬いので、とっつきにくい印象は在るので、好みが
別れますが、「ああ自我ってそういう働きをするのか」
ということを、知識としては、かなり参考になります。

◎もっとも深いところで、すでに受け容れられている ジェフ・フォスタ

 

 

この「現実」は全て思い込みであり、この「現実」
に起こっていることは、全て、「真我」が受け入れているからこそ、
起こっているのであって、つまり「本来の自分」が
「個人の自分」として、体験するべきこと、受け入れるべきこと
として起こしているので、それを受け入れることで、
「気づき」があるということを解説してくれています。

 

◎つかめないもの  ジョーン・トリフソン

この本の著者は、若い頃にアルコール中毒
ドラッグ中毒などを経験し、そこから、「目覚めた」
という経歴の持ち主で、瞑想や修行よりも、「いま」を
ただ感じるということで、「それ」に気づくという
「いまにくつろぐ」ということを解説してくれています。

 

☆期間限定!3冊の電子書籍プレゼント中!

さらに「シークレット」が知りたい方は、↓
コチラを受け取ってください!



「お金の心理学」他3冊ですが、
これを、特別にプレゼントしています。


期間限定!無料プレゼント中!

「「引き寄せの法則」の危険性と終焉」
◎思い込みを変えるだけ。お金の超実践的引き寄せ
◎お金を引き寄せる心理学


合計3冊の膨大な電子書籍をプレゼント中!!

豪華3大プレゼント!無料メルマガはコチラ↓

☆NLAメソッドとは?