☆NLAメソッドとは?



☆「悟りを開く」ことに対する勘違い

さて、前々回の記事で、

「スピリチュアルや自己啓発を勘違いしていませんか?」

 

スピリチュアル・自己啓発を勘違いしてませんか?

 

ということで書きましたが、

今回も、それにちょっと共通する話です。

 

このブログには「悟りを開く」ということで検索

されている方もちょくちょくいらっしゃいますが、

 

僕も実際そうでしたし、どうも

「悟りを開きたがっている方」の中には、

 

「悟りを開く」と、すごい人間に成れて、

すごいパワーを手にして、未来をも見通せるように

なるんじゃないか?と思っているような人も

居るようです。

 

しかし、「目覚めた」と言われている人たちの

話で共通していることは、

 

・「私」自体が存在しない(ことに気づく)

 

・悟りを開いても、以前と何ら変わることはない

 

・ただ、「私」という個人は存在せず、ただ、夢(ストーリー)の一部である

 

・「悟り」は開こうと思って開くものではなく、勝手に「起こるもの」である

 

というようなことで、「悟りを開く」ことで、

この世界の仕組みが垣間見えるだけであって、

 

「私」という人間が、スーパーパワーを持つようになったり、

「神」というような存在に直接会えたり、

全ての問題が解決するわけではなく、

 

借金をしていたら、その借金を返していくことに

変わりはないし、

 

女性にモテなかったら、急に女性にもてるようになる

ということもない。

(自然体になるので、余裕ができてモテる場合もあるw)

 

◎禅の格言で

「禅」の格言で、

 

悟りを開くまで薪を割り、水を運べ。
悟りを開いたら薪を割り、水を運べ。

 

という言葉があるように、悟りを開いたからといって、

生活が一変するわけではなく、

 

日常生活というものは続く。

 

ただ、「これは夢である」ということを知っているので、

そして、それは自動的に「起こる」ことであると

知っているので、それに抵抗しないし、

それを「問題だ」とは感じなくなる。

 

そういう意味で、この「現実」というドタバタ劇

から抜け出すことができるということです。

 

◎この世界は「自動」である

 

そして、この世界は、「自動的に起こっている」

 

例えば、あなたが「ふと思いついて行動した」

その「ふと思いついた」ことはどこからきましたか?

 

あなたが誰かを好きになる。

それってなぜ好きになったんですか?

好きになろうと思ったから?

 

今からあなたの頭の中を5分間

「真っ白にしつづけてください」

 

出来る人いますか?

 

思考のすべては、「自動的に」浮かんできます。

 

「自分が考えている!」と言うならば、

5分間何も考えないこともできるはずです。

 

そのことに気づくのが「悟り」だと

いわれています。

 

確かに「悟る」と気が楽には成るかもしれません。

でも、「悟ろう」が「悟るまい」が

やることは一緒です。

 

昨日と同じことになりますが、僕たちにできることは

「目の前のことに100%取り組む」ということです。

 

それをしていれば、悟らなくてもいい気がしませんか?

☆NLAメソッドとは?