あなたの「思い込み」が「現実」を創りだしている
☆NLAメソッドとは?



 

☆あなたの「思い込み」が「現実」を創りだしている

 

こんにちは!心理カウンセラーで気功師で

「NLAメソッド」のトモヒトです!

 

さて、あなたが今目の前に見ている「現実」は

全てあなたの「思い込み」からできていると言われたら

信じられますか?

 

信じられない方も多いと思いますが、

これが、色々勉強していくと、そうとしか言いようがない

ということが分かってきました。

 

簡単に説明すると、私たちは、

「見る、聞く、触る、臭う、味わう」

 

という、視覚、聴覚、触覚、臭覚、味覚という五感で

この世界を感じています。

 

そして、それらの情報が脳に送られて、

情報処理されて、目の前の「現実」というものを

内部で再構築して、認識しています。

 

つまり、この世界を直接感じているのではなくて、

五感から送られる情報を手掛かりに、

「世界とはこういうものだな」と脳が作り上げた

「感覚付きの映像」を見ている状態です。

 

そしてそこには、「感情」というものもプラスされています。

 

例えば、落ち込んで非常に悲しい気分の時に、

真っ赤の夕日を見たら、「悲しい夕暮れだな」と感じたり、

 

逆に、気分が良いときに真っ赤な夕日を見たら、

「ああ、綺麗な夕日で明日を祝福してくれてるな」

 

と感じたりします。

 

 

つまり、同じ風景を見ても、その時の気分などによって、

「違う風景」に見えてくるということが起きます。

 

◎台風21号は災難?ラッキー?

 

2018年は、近畿地方に連続して「強い台風」「非常に強い台風」

などが上陸・通過しました。

 

こちら兵庫県でも、木が倒れる、高波で、沿岸部が

水浸しになるなどの被害がありましたが、

 

特に大阪は、多くの建物が倒れたり、屋根が飛んだり

スゴイ被害を出しました。

 

僕の知り合いが、大阪で工場を経営していて、

台風直後に話す機会があったのですが、

 

「もう、この世のモノとは思えないような風やったし、

工場の屋根は飛ぶ、雨が降り込む、2メートルくらいの鉄板が

飛んで、車の横の地面に突き刺さってたり…」

 

さらに、大阪中が被害を受けたために、修復工事を

する業者が手いっぱいで、なかなか直してもらえない

という状態になっていたそうです。

 

その時は、「もうこんなんどうするねん、仕事にならんわ」

と嘆いていたのですが、

 

それから半年くらい経過してから、また話した時には

すごく上機嫌で、

「あの後、予想外の額の保険金が下りて、

工場は直せたし、設備投資もできた」と嬉しそうに

話してくれました。

 

おなじ、「台風の被害を受けた」という「現実」が

変化したわけではないのに、その後の状況・気持ちが変化

したことで、

 

全く違う解釈ができるようになったということです。

 

もちろん、あの台風で亡くなった方の家族となると、

また解釈の仕方が違うでしょう。

 

「現実」自体に意味があるのではなく、

それを見る人の状況・思い込みによって、見え方が変わってきます。

 

◎恋は盲目

 

また、15年ほど前にヒットした映画

「愛しのローズマリー」

 

では、主人公の男性が、精神治療士に密かに

「人の内面がルックスとして見えるようになる」催眠術を掛けられて、

 

街で出会ったローズマリーに一目惚れしますが、

その見た目は主人公には、グウィネス・パルトロウのように

スリムで美人に見えていますが、

 

他の人から見ると、100キロ越えの大柄の女性

ということで、そのギャップが笑えるコメディ映画

となっていますが、

 

この映画は大げさだとしても、私たちも、恋をすると

相手のことがすごくかわいく、かっこよく見えるものですが、

 

実際、初めて出会った時は、そこまで可愛く、かっこよく

見えてなかったということもあると思います。

 

 

つまり、僕たちがみている「現実」というものは、

それぞれの個人の状況や、気持ち・思い込みによって変化して

見えるということです。

 

◎注目していることが違う

 

ここからは、僕の「NLAメソッド」の根幹部分

でもあるんですが、

 

人によって注目している部分が違うために、

日常的に、気になるものが変わってきます。

 

友達などと一緒に居て、

「わ?何このニオイ!?」と友達が

言っても、自分は、全然気にならなかったり、

 

「わ?なんか変な音してない?」といわれても、

 

「ああ、よく聞けば聞こえるけど・・・」

ということってありませんか?

 

人によって注目している部分が違うために、

日常的に五感から入ってきて、認識する情報が

全然違ってきます。

 

そして、この「現実」はその五感から入ってくる

情報を脳で再構築したものですから、

 

人ぞれぞれみている「現実」は全く違ってきます。

 

同じ場所に居て、同じ時間を過ごしても、

後でそのことについて話すと、記憶が全然違う

ということが起こるのはこのためです。

 

◎それをどう利用すればいいのか?

 

そして、ここからが重要ですが、これを

「よりよい人生」にどのように利用するか?

 

ということですが、

 

簡単に言えば、「前向きな事に注目する」

ということです。

 

人はどうしても、目の前の「現実」の

問題点に目を向けてしまいがちです。

 

そして、問題点に注目していると、さらにその問題を

拡大するような情報ばかりを認識するようになってしまいます。

 

例えば、ルックスにコンプレックスを持っていたりすると、

鏡を見るときにも、常に欠点を探しがちになって、

「あれ?こんなところにしわがあったっけ?」

と「なってほしくない」ことをどんどんと見つけてしまいます。

 

しかし、自分に自信を持っている人は、そういう

良くない部分は「見えない」ので、

それを気にしないし、実際にその人は綺麗な自分を

見続けています。

 

そうやって、「思い込み」を強化していくと、

悪いものはもっと悪く、良いものはもっと良くなっていきます。

 

なので、出来るだけ毎日、「見たいもの」を意識し続けて、

それを思い描いて、生活するということがまず簡単にできることです。

 

逆に、嫌な部分が目についたときは

「これは自分の思い込みが作り出した」ということを意識

すれば、それが本当の「現実」ではなくて、

思い込みを変えれば、それも変化するということを

思い出せると思います。

 

そしてさらに、深く自分の「思い込み」を発見して、

それを書き換えていけば、見える現実はどんどんを変化

していくと思います。

 

具体的な「思い込み」の書き換え方はコチラ⇒

 

☆NLAメソッドとは?