000002-1

☆「自分のせい」と思って、自己嫌悪に陥りやすいときの対処法

こんにちは!トモヒトです!

このブログでは「NLAメソッド」について書いていますが、

 

今回は、結構ご相談をいただく、

「自分のせいにして、自分を責めてしまう」

「友達としゃべった後に自己嫌悪に陥りやすい」

 

というようなお悩みなんですが、

これの構造と、対処法、改善法について書いてみたいと思います。

 

◎自分のせい、自己嫌悪になってしまう理由

さて、何か問題や悩みが起こった時に、

「自分のせい」と思って自分を責めたり、

 

友人や家族と話したりして、後で一人になった時とかに、

その自分の発言や相手の態度などを思い返して、

「何であんなこと言っちゃったんだろう?」

とか、「あんなこと言わなきゃよかったなあ」とか

 

自己嫌悪に陥っちゃうときってありますよね?

 

僕も、パニック障害になって、心理学や脳科学、

自己啓発などを学ぶようになるまでは、かなりそのタイプでしたw

 

実は自分に自信が無いのに、変にプライドが高くて、

自己顕示欲が高いので、

 

表面上は、「僕は別に気にしてないけどね」というような顔

しておきながら、実は内面で、相手に対して、静かな対抗心を

持っていたりして。

 

自分の方が上とか思いながら、競争・勝負ということになると

負けるのが嫌だから、「勝負事に興味ないし」

「勝負で勝ったからって何があるの?」という態度を

してみたりw

 

この記事を読んでくれているあなたがそのタイプに当てはまるかは

分かりませんが、

 

それでも、基本的に「自分を責めてしまう」と言う場合は、

 

心の奥では、きっと

 

「ちゃんとしていると見られたい」

「人から認められたい」

「自分の価値を見出したい」

 

というような心理を持っているんじゃないかと思います。

 

そして、その裏側には、自分の記憶に在るかはわかりませんが、

例えば、「ちゃんとしていたら親に褒められた」

「真面目に頑張っていたら人に褒められた」

 

逆に、

「ふざけていると人から怒られる」

「言うとおりにしていないと相手にされなかった」

「自分の気持ちを言うと嫌がられた」

 

というような経験があって、

 

「私はちゃんとしていないと愛されない」

「私は頑張って成功しないと、愛されない」

 

というような深層心理「信念」を持っている場合が多いんです。

 

ほとんどの場合は、「お母さん」から愛されていたと

感じるか、愛されていなかったと感じるかの違いから生まれます。

 

なので、

・自分の正直な気持ちを表現できない

・でも時々自己顕示欲で自慢してしまう

・間が怖くてしゃべりすぎてしまう時がある

・自分の発言や相手の態度を気にしすぎる

・一人になると、自己嫌悪に陥りやすい

・相手を極力怒らせたくない、だから自分も怒れない

・孤独が嫌だけど、人付き合いが疲れる

などの特徴があると思います。

 

一言で言うと、

 

「愛されるために、自分が辛抱しなければいけない」

 

というような「信念」で生きていると言えます。

 

◎自分を責めてしまう時の対処法

 

まず、自分を責めてしまう時の対処法ですが、

 

大前提として、例えば、あなたの発言で、相手が

怒ったり、雰囲気が悪くなったりしても、

 

「あなたのせいではありません」!

なぜかというと、例えば、あなたが相手に、

 

「◎◎さんって、気楽だよね」と言って、◎◎さんが怒った。

 

この場合は、あなたに悪意があったなら、

その通りのことが起きたということですがw

 

もしあなたが悪意も無くて、相手が怒ったのならば、

それは、あなたの発言が悪いのではなくて、

◎◎さんの「信念」が原因です。

 

つまり、◎◎さんは

「私はすごく色々考えて生きている」とか、

「私はちゃんとしている」というような「信念」を持って

生きているために、

 

「気楽」と言われて、

「そんなわけないじゃない!」と

バカにされたとか、軽く見られたと思った。

ということが原因です。

 

もし、◎◎さんが普段から、

「私は色々ちゃんと考えて生きているから、

気楽には生きてないんだよね」と言い続けているなら、

あなたも「気楽だよね」とは言わないでしょうけど、

 

そんな◎◎さんの中の「信念」なんて表面上は誰も

分からないことなんだから、あなたは全然悪くないです。

 

また、それくらいで

「仲が悪くなる」「自分から離れていく」

というのなら、そんなのは本当の友達ではないです。

 

もちろん学校や会社で人間関係を良好に保つのは、

大切ですが、それでも、「自分は何も悪くない」という

心づもりでいればいいと思います。

 

そして、自分の発言を気にして、自己嫌悪に陥るなら、

そのような(自慢など)発言をしない、

もし、何かの発言が気になっても、自分は悪くないという

前提で生きていれば、気にならなくなっていきます。

 

また、「怒る」というのは、実は、その人の、

「もっと私を愛してよ!」

「もっと私を認めてよ!」という心の叫びだったりします。

 

もし、あなたがその人との関係を良好に保ちたいなら、

「ごめんね、◎◎さんは、普段からよく考えてるよね」

と認めて接してあげると、うまくいくと思います。

 

それに、気にしなくても、あなたのことを誰かが愛してくれます。

今あなたが気付いていないだけです。

 

☆残念ですが、全て「自分のせい」です。

とここまで、「あなたは悪くない」と言ってきましたが、

もちろん、「悪く」はないですが、

 

この「世界」「現実」で起こること、考えることは、

全て「自分のせい」とも言えるんです。

 

なぜなら、先ほど◎◎さんが怒ったのは、

◎◎さんの「信念」が原因と書きましたが、

 

あなたが自分のことを責めたり、自己嫌悪に

陥るのも、あなた自身の「信念」が原因です。

 

先ほども書きましたが、

「自分はちゃんとしていなければいけない」とか、

「自分は努力していないと愛されない」とか、

 

そういう「信念」を持っているから、

相手が怒ったり、あんまりいい態度じゃないと、

 

「あれ?自分がちゃんとしていなかった?」

「努力が足りなくて、嫌われた?」

というような気持になってしまって、自分を責めます。

 

先ほど、「怒る人」というのは、

「私を愛して」という心の叫びを発している

と書きましたが、

 

逆に、怒りを面に出さずに、内側に向けてしまうのが、

「自己嫌悪」だったり、自分を責めるということです。

 

つまり、自分で自分を愛せてないから、

自己嫌悪になってしまいます。

 

なので、これから、自己嫌悪に陥った時は、

「ああ、自分を愛せてないんだな」と気づいて、

 

「大丈夫。私はこれで大丈夫だから」と言ってあげてください。

 

まずは、自分を愛してあげてください。

 

「こんな自分なんか愛せない!」と思うかもしれませんが、

 

あなたが生活する、

家族、学校、会社、社会の中の基準で考えると、

あなたは、「ダメ」になるのかもしれません。

 

しかし、それは、あなたが今接している「狭い世界」

の中だけの「常識」に、合っていないということであって、

 

もっと外の世界に目を向けると、

「ありのままの自分」で素晴らしいんです。

 

子供の頃に「変わった困った子」と思われていた人が、

大人になって、芸術や、ビジネスですごく成功していたりします。

 

自分で自分を責めないで、

「このままの自分をどうやって生かしていこう」と

考えてください。

 

そして、その今もあなたが握りしめている思い込み

「信念」を手放してください。

 

それはもう、過去に必要だった「信念」で、

今のあなたには必要ありません。

 

「どんな自分でも愛される」と思って、生きてください。

それが実は一番愛されます。

 

あなたはあなたとして、「世界一」です。

あなた以外に、あなたにはなれません。

 

根本的に、あなたの「信念」を書き換えたい場合は↓

「NLAメソッド メールセッション」を参考にしてください!