☆「自分を愛する・認める」ってどういうこと?

mitomeru

 

さて、このブログでは「引き寄せじゃない、最強引き寄せ」

ということで書いていますが、よく自己啓発や引き寄せ、

スピリチュアル系の本などで、望み通りの人生を生きたいならば、

「自分を認める」「自分を愛する」ということが重要だと書いてあったりします。

 

しかし、特に日本では、

「恥の文化」と言われるように、恥ずかしいということが強い

国民性から、人前で恋人と愛していることを伝え合うというような

機会が少なかったり、

「利他主義」が強くて、「人のために尽くしましょう」という精神が

強く浸透している気がするので、

 

なかなか、「自分のために」「自分を愛して」と言われても

感覚が分かりにくいという部分が強いような気がします。

 

僕も最初はそうでしたし、人と話していても、

「自分を愛せって言われてもよくわからない」

「自分を愛しているはずだけどなあ」

 

という感じで、このあたりの感覚が良くわからないから、

引き寄せもうまくいかないのでは?という人も多いようです。

 

☆「自分を認める」ってどういうこと?

特に、「引き寄せの法則」が上手くいかないという人の話を

聞いていると、この「自分を認める」「自分を愛する」

ということができていないんだなあと感じることが多いです。

 

そしてまた、「自分を愛して」と言われて、無理矢理愛そうとする

という感じで、逆に苦しんでいるような人も見かけます。

 

「自分を認める」「自分を愛する」ということは、

 

いま現在の自分を好きじゃないのに愛するとか、

価値を感じられないのに、認めよう

ということではなくて、

 

「そのままの自分で居させてあげる」

というのが一番近い表現のような気がしますが、

 

なかなか行動できなくて、自己嫌悪に陥っている自分を、

「はい!今日から愛してください!」と言ってもなかなか難しい。

 

そうではなくて、まず今の現状の自分を認めてあげる。

 

行動が遅い、人付き合いが下手、お金を稼げない・・・

 

苦しみというのは、その自分の今の状態を否定する、

「こんな状態ではだめだ!」と考えるから生まれてきます。

 

「こうなりたい」「出来る人になりたい」という希望を

持つことは良いことですし、それに向かって行動するのもいいですが、

 

たとえそれがいま達成できなくても、行動できなくても、

「今はそれでいい」と許してあげる。

 

また、そういう自分を見て、「ああ、なんてダメなんだ!」

という気持ちが湧いてきたとしても、それさえも

「今はそういう気分でもいいよ」と許してあげる。

 

そういうことが

「自分を認める」「自分を愛する」ということです。

 

☆なぜ「自分を認め」ないとうまくいかないのか?

それでは、なぜその自分を認めていない状態というのが、

引き寄せの邪魔になるのか?

ということですが、

 

まず、「波動」的な話で言うと、常に

「こんな自分ではダメだ」そして、さらに

「『こんな自分ではダメだ』と思ってしまっている自分はダメだ」

と、自己否定を重ねている状態になっています。

 

そういう状態の「波動」がさらに「こんなことではダメ」な

現実を引き寄せる。

 

「信念」的なことで言うと、

「こんな自分はダメ」という「信念」があることによって、

意識は常に「こんな自分はダメ」ということを強化する情報を

どんどん見つけてきて、認識させようとしていきます。

そして、常に「自分はダメ」という「映画」を見せ続けます。

 

まずは、この「自分はダメ」ループから抜け出す必要があります。

 

そのために、まずは、どんな状態の自分でも一度、

「それでいいんだよ」と認めてあげる。

 

そのことによって、「ダメ」ループの輪から抜け出していける

手がかりになります。

 

日常に「それでいいんだよ」という自分を増やしていく。

そのことで、徐々にあなたの「信念」を

「これでいい自分」というものに変化させていき、

そこからさらに、「望む自分」というものにシフトしていけます。

 

☆そもそもあなたってそんなにダメですか?

なぜか現代を生きていると、多くの人は

「こんな自分ではダメだ」「こんな状況ではダメだ」

と思ってしまいがちです。

 

しかし果たして本当にあなたってそんなにダメですか?

 

その「ダメ」ってどんな基準で決めてるんですか?

 

多くの場合は、国だとか、社会だとか、家族だとか、友人関係だとか

そういう外的な環境の影響で、

「こういう人間でなければいけない」という「常識」がつくりあげられて

いきます。

 

しかし、本当にそういう人間でないといけませんか?

もっと自由に生きている人っていませんか?

 

一度そのあなたの中の、「こういう人間でなければいけない」

というものを疑ってみてください。

 

そして、あなたが「どんな人生を送りたいか?」「どんな人で居たいか?」

ということを感じてみてください。

 

そのあなたの望む人生だと、先ほどの「こういう人間でなければ」

ということは必要ですか?

 

今の自分ではダメだから、何かの能力が欲しいとか、地位が欲しいとか

お金が欲しいとか思っていませんか?

 

でも、実はそれを求めていくと、逆に、あなたが本当に望む

生き方をするには邪魔になるかもしれません。

そして、本当の自分の気持ち的には今の生き方が合ってないから、

止めたいのに、「こいう人間にならなければ」に縛られて

自分の中で「葛藤」が起こり、無駄なパワーを使い過ぎている

という状態になっています。

 

☆「自分を認める・愛する」生き方をするには?

そして、「自分を認める・愛する」生き方をするには

どうすればいいのか?

 

まず、先ほど書いたように、今の自分をそのまま認めてあげる。

 

動きたくないなら、動かなければいいし、

頑張りたかったら頑張ればいいし、

出来るだけ「~~しなければならない」ということをやめていってください。

「~~したい」を基準に生活するようにしてください。

 

そして、気分的に落ち込んだとしても、「こんな気分じゃダメだ!」

と無理矢理ポジティブにせずに、その気持ちを感じ切ってください。

気持ちを感じ続けていると、ある時ふわっとそのネガティブな気持ちが

ほどけていく瞬間を感じると思います。そしたらその開放感を味わって

ください。

 

これを繰り返すことで、「こんな自分で良い」という在り方が

習慣になっていきます。

 

そして徐々に、「自分は何をしていても愛されている」という気持ちで

生活するようにしてください。

もっと言えば、「私は何をしていても愛されて当然」という気持ちでw

 

例えば、友達から誘われたときに今までは

「断ったら悪いかなあ」「嫌われるかなあ」という感じで、

誘いに乗っていたなら、

もしあなたが本当は乗り気じゃない場合などは、断るようにしてください。

 

自分の気持ちに正直に生きるということです。

はっきり言うと、乗り気じゃないこと、友人関係に人生の

貴重な時間やエネルギーを使っているほど無駄なものはありません。

 

今までは、嫌われたくない、孤独になりたくない

ということから、自分に嘘をついて行動をしてきました。

それがクセになっているのでそれをやめるのは勇気が要りますが、

 

自分に嘘をついて生きている時点で、「引き寄せ」のエネルギーが

上手く働くことはないでしょう。

 

そうやって「自分に正直」に生き始めると、不思議と、

自分の周りも正直になっていきます。すると自分もどんどん正直になれて、

気楽に生きれるようになってきます。

 

時には、自分が辛抱して生きている人などが、批判してくることも

在るかもしれませんが、それも「本当は自分がしんどいんだろうな」と

受け流してください。

 

そうやって生きていくと、今まで望んでいた望みが

本当は必要ないかもしれないし、

それでも、本当に「したい」「実現させたい」ということなら、

引き寄せが起こって、実現していくでしょう。

 

お金もそうです。

今お金が思うように回っていないというのであれば、

あなたが本来生きるべき道ではない場所で生きている

という可能性が高いです。

 

今までのやり方で、お金や望みがうまく実現しないのであれば、

一度今までの生き方をやめて、「逆」をやってみてください。

「逆」を生きる自分を認めてあげてください。

 

心の底で「本当はこれをやりたいんだけどな」とか

「本当はこれをやった方が良いんだろうな」と感じていることを

やってみてください。

 

そうすれば、すべてが一気に回り始めると思います。

☆「自分を認める・愛する」生き方まとめ

 

◎「自分を認める。愛する」とは、無理矢理自分を好きになる

ことではない。

 

◎今の、そのままの自分を「それでいいよ」と認めてあげる。

そして、「こんな自分はダメ」ループから抜け出す。

 

◎自分に正直に生きるということ。自分は愛されて当然という視点から

生きる。

 

◎自分の「したい」に従って生きるということ。

 

◎自分の本来の生き方を始めると、すべては一気に回りだす。