revelation-2937691_960_720

 

☆悟りを開くには?

こんにちは!気功師・ライフコーディネーターのトモヒトです!

さて、このブログでは「引き寄せじゃない最強引き寄せ法」

略して「NLA法」を解説していますが、

 

このブログに検索で訪問してくれる方の中には、

「悟りを開く方法」という検索ワードで訪問されていて、

今回は、「悟り」ということについて掘り下げたいと思います。

 

☆「悟り」を開くとどうなるの?

さて一口に「悟りを開く」と言っても、世の中には色々な

本が出ていたり、本当に悟りを開いているのか分からない人が

語っていたりするために、どんなものなのか分かりにくい、

 

また、多くの「覚者」とされる人が言っているように、

「悟りは『体験』であって、言葉で説明できるものではない」

とか

「非二元は、二元の世界に生きる意識には理解できない」

などとも言われていて、いくら本や講演などで、説明されても

頭で理解するものではありません。

 

「非二元」とは、主体と客体が存在しないこと

『自分」という存在が無いということ・・・

 

ということで、やはり「悟り」は体験したものだけが

理解できるもので、的確に説明できるものではないのです。

 

ただ、その覚者たちの共通認識をあげてみると、

 

◎「私」という個人は存在していないことに気づく

◎「私」というものは「思い込み」に過ぎない

◎この世界はすべて唯一のエネルギー(実在)の表現である

◎実はすべての人が悟っているけれども、気付いていない

◎私たちは一度も分離したことはなく、常に一体である

◎私たちは生まれたことも無ければ、死ぬこともない

◎この世界は一種の幻である

 

・・・と言うように、まあこれを読んだだけではやはり

理解できないですよねww

 

しかし、多くの人が語ることを要約すると、

 

「私たちは「私」という個人の存在ではなく、

私たちの理解を超える唯一の『実在』だけが存在し、

その唯一の存在の表現(創造・幻想)がこの世界である」

 

ということになります。

 

よく、手の指のことを、「お父さん指」「お母さん指」というような

言い方をしますが、そのイメージのように

jituzai

手の平の部分が「実在」であり、そこから分岐して

伸びているのが、私たち「個人」という存在であるというような

イメージでしょうか。

 

全てはつながっているけれど、「個人」はそれぞれが

分離した存在だと思い込んで生活している。と言えます。

 

それが、「悟りを開く」ことによって、「自分」というのが

幻想、思い込みであり、唯一のエネルギーから表現された一部

であるということに気づく、

 

そして、この世界は、大いなるジョークであり、

壮大なる一人芝居だということに気づく。

そのようにも表現されます。

 

☆この世界はどのようにできているのか?

そして、その観点から見ると、この世界はすべて幻想。

私たちが頭の中で妄想したり、寝ているときに夢を見ているように、

「実在」が見ている妄想や、夢だと言われていたり、

 

映画「マトリックス」のように、本来の存在が頭の中で

体験している仮想現実のようなものがこの世界だと言われたり、

 

この世界は、「波動・エネルギー」の世界で、

その「波動・エネルギー」を

私たち「個人」と思い込んでいる受信機がそれぞれ受け取って、

「波動・エネルギー」を「映像」に変換している、まるで

テレビの様な物など、色々な表現がされますが、

 

確固たる「現実」が存在するわけではなく、時間も存在せず

常に「今この瞬間」を見ている。観察している。

 

この世界を細かく観察すると、分子、原子、電子・・・と

微小のものが重なって表現されていますが、

まるで、プリンターのインクの細かいドットで、美しい写真が

表現されるように、何かの「意志」でエネルギーが送り出され、

そのエネルギーの設計図にしたがって、ドット(量子)が集まって、

この「世界」を表現している感じでしょうか?

 

☆悟りを開く方法とは?

そして、この「悟りを開く」方法はあるのでしょうか?

 

これは「自分の意志」によって悟りを開くことはできない

と言われています。

 

悟りは自分で開くものではなくて、

横たわっていると、いつの間にか「眠りに落ちている」

ように、自分の意志で「今から寝るぞ今から寝るぞ」と念じて

眠りの落ちるものではなく、

 

悟りは「開く」ものではなく、勝手に「開ける」

ふと気づくというようなもの。

 

また、その「悟り」を「開いていない」「開けない」

状態なのは、「私」という「自我」が存在するからで、

その「自我」でいくら頑張っても、悟りを開くことはできない。

 

「自我」で悟りを開こうと頑張るのは、自分の目で直接、後頭部を

見ようとするようなもので、不可能です。

 

しかし、眠るときに、「眠りやすい環境」を整えることはできるので、

「悟りを開きやすい環境」を作ることはできます。

 

◎頭に浮かんでくる「思考」を観察し続ける

「思考」は自分で考えているのではなくて、どこかからやってくる

ものを掴んでいるだけ、と言われています。

つまり、頭の中に浮かぶ「思考」は「自分の考え」ではありません。

その思考が自分自身ではありません。

その「思考」をただ観察し続けると、その思考を観察している

「存在」に気づくことが出来るかもしれません。

「思考」の外側に居続けることで、「思考」=「私」と

思い込んでいた世界の外に存在することに気づくかもしれません。

 

◎自分の体・エネルギーに集中する

例えば、「私」という存在が、肉体であるとするならば、

肉体自身を感じることができません。

私は、肉体を感じている「何か」です。この世界を観察している

「何か」です。

肉体に気づき、肉体の「外」にあるように見えるすべてに気づいて

いくと、もしかすると、観察者に気づくことが

出来るかもしれません。

 

◎「感情」や「行為」そのものになる

何かが起こった時に、湧き上がってくる「感情」の中に入って感じてみる、

何かをしているときに、例えば、歩いているときに、

「歩くこと」そのものになってみる。

 

その時は、その感覚に集中して、それについて考えたり、

判断したりしない。

 

そうしているうちに、ふと自分はその感情でもなく、

行為者ではなく、それをただ「見ている」ものであると

気付くかもしれません。

 

 

いくつか書きましたが、自分の「意思」で悟りを開くことは

できないけど、常に「思考の外」にいる、

「考えない」「頭に浮かぶ思考をほうっておく」

ということを習慣づけることで、見えている世界が

変わるかもしれません。