☆「頑張らない生き方」ってどんなの?

gannbaranai001

さて、最近心屋仁之助さんなんかを筆頭に、「頑張らない生き方」

というものが流行っているというか、

世の中が全体的に、「頑張るってどうなの?」という風潮に

なってきているような気がします。

 

もちろん僕も、その「頑張らない」ということに賛成する部分も

あるし、時には「それってどうなの?」という時もあります。

 

今回は、僕なりの「頑張らない生き方」そして、

「引き寄せの法則」との関係性ということで書いてみたいと思います。

あなたの生き方が少しでも「楽」になれば幸いです。

 

☆そもそも「頑張らない」生き方って?

そもそもいつごろからこの「頑張らない生き方」が

言われ始めたのか分かりませんが、僕も学生時代から

(20年くらい前?w)運動部とかで必死にレギュラーを

獲ろうとしている友人を見て、

「それって、そんなに頑張らないといけないこと?」という感じで

冷めた目で見ていた、歪んだ学生だったので、

 

もともと「熱く、力の限りに!」というのは違和感を感じていた

方だったんですが、

 

最近言われている「頑張らない」というのは、

「自分ではないものになろうとしなくていいよ」

「やる気が起きないことを無理やりやらなくてもいいよ」

 

という、本来その人の役割ではないことに必死に努力しなくても

いいんじゃないの?という考え方だと思います。

 

そして、そういう考え方が流行ると、ありがちですが、その考え方に

反論を突き付けて、

「みんなが頑張らなくなったら日本がダメになる!」

とか

「それは理想論で、家で寝ててもお金が入ってくるんですか?」

と言ったような極論を言い出す人も出て来たり。

 

まあ、そうやって反論している人を見ていると、

「いや、だからあなたはあなたの信念で生きればいいじゃない

いちいち出てきて反論しなくても」と思いますけどね。

 

確かに、「頑張らなくていいよ」ということで、毎日寝てても、

面白くはないだろうなとは思いますけどw

 

僕なりに、この「頑張らない生き方」というのは、

 

「幸せやお金のために、今辛抱して頑張って

自分ではないものになろうとしなくていいんじゃない?」

という感じですかね。

 

このあたりも後ほど詳しく解説します。

 

☆本当に「頑張らない」と引き寄せが上手くいくの?

そして、この「頑張らない生き方」というのは、

「引き寄せの法則」と絡めて語られることが多くて、

 

つまり、「頑張らなければ望みが叶いやすい」

という感じですね。

 

たしかに、「頑張る」「頑張らないといけない」

という背景には、

「頑張らないといい結果は生み出せない」

「今の自分ではだめだ!」

という心理が働いているともいえます。

 

だから、頑張って、いい結果を出してお金や幸せを

手に入れなければいけない!

ということじゃないかと思います。

 

そして、「引き寄せの法則」的には、

「足りない」という視点から引き寄せようとしているので、

「足りない」波動を出し続けるので、

「足りない」現実が引き寄せられて、いつまでもうまくいかない

 

という流れが出来てしまう。

 

だから、「頑張る」ことで、さらに自分の望みから遠のいてしまう。

ということから、

「頑張らない方が良いよ」ということになっているのだと思います。

 

このあたりは僕も個人的にそうだと思うし、

何かを得ようとして必死に頑張った時に結果が芳しくない

ということも経験しましたしね。

 

「まあこれでいいんじゃない」というくらいでやった方が

スゴイいい結果を得られたということも。

 

でも、世の中を見てみると、ボクサーでも成功している会社の社長でも、

必死に減量したり、徹夜で仕事したり

「頑張った」結果、勝利しているし、会社が繁栄してるじゃん?

 

という反論もありますが、でも勝利したボクサーの相手も

頑張って減量してトレーニングしたけど負けてるし、

毎日徹夜で仕事して体壊して、今は田舎で自給自足してます

という元社長さんもいるし。

 

「頑張る」=「望みが叶う」 につながってるとは限らないのは確かですね。

 

そして、もちろん、会社で体壊して自給自足を選んだ社長さんも

それが別に「失敗」じゃないですしね。

自給自足で暮らすことの素晴らしさに気づくキッカケだった

ともいえます。

 

結局何が「成功」なのかはっきり分からないのに、

頑張って成功しなければという一般論に流されて

がむしゃらに頑張ってしまうということがそもそもの

問題なんだと思います。

 

☆「頑張らないといけない」ということは天職じゃないんじゃ?

そして、例えば仕事でも、

やる気を起こして必死で頑張らないといけないということは、

「天職」ではないから、頑張っても意味なんじゃないの?

という面もあると思います。

 

漫画家でも、何かの職人でも、学校の先生でも、

子供の頃からなりたいと思っていたり、気づけばいつも絵を描いていた

とか、わざわざやる気を呼び起こして頑張らなくても、

自然にそのことをやっていた、と言う人が結局は成功しているし、

長続きしています。

 

以前、格闘家の青木真也さんが自分が教えている選手に

 

「格闘家なんて、なりたいと思ってなるものじゃなくて、

これしかできないからやってる人ばっかりだよ!」

と言っていましたが、それくらいの人がやっぱりトップで

活躍しているんでしょうね。

 

漫画家の江川達也さんなんかも、連載の漫画を抱えていた時も、

休憩に別の絵を書いていたというくらいですから

「当たり前に」それが出来る人、当たり前に出来ることが

「天職」なんだと思います。

 

絵心の無い僕からしたらそんなに絵を描き続けるなんて考えられない

ですが、逆にこうやって、ブログを書いたりするのは、

何の苦にもなりませんけどねw

 

つまり「頑張らないと」いけないことというのは、

あなたの天職ではないし、あなたの本当の能力が生かせる場所では

ないので、あえてあなたがそこ頑張らなくてもいいんじゃない?

 

という意味でも、「頑張らない」ということは大切

なのかなと思います。

 

つまり、本来あなたがやるべきことではないことを、

人生の大事な時間を使って頑張っちゃってるというのは

勿体ないですしね。

 

☆「頑張らない」生き方って?

そして、その「頑張らない生き方」は実際どうやって生きていけばいいの?

ということですが、

 

先ほどもチラッと書きましたが

「幸せやお金のために、今辛抱して頑張って

自分ではないものになろうとしなくていいんじゃない?」

 

人間て考える生き物なので、どうしても「未来」ということを

考えて、

また、これは日本の戦中の「欲しがりません勝つまでは」

という精神がいまだにどこかに残っているような気がしますが、

 

幸せな未来を手に入れるために、今は辛抱して頑張って、

未来に楽しむんだ!

 

という考え方が根底に流れている気がします。

しかし、その「未来」というのは本当に来るんでしょうか?

 

もしかして病気で3か月後に死ぬかもしれませんよ?

もしかして明日事故で死ぬかもしれませんよ?

 

まあ脅すわけではないですが、未来が分からないというのは

誰でも共通することですし、

「悟り」の観点から見ると、「時間は存在しなくて」

「未来というものもない」「今この瞬間しかない」

と言われています。

 

つまり、今辛抱したまま死んでしまっても後悔しませんか?

ということです。

「未来」を見つめ続けるばかりで、今目の前の幸せを見逃しているかも

知れませんよ。

 

僕の「引き寄せじゃない最強引き寄せ法」でも書いていますが、

人間は「フォーカス」を合わせた物事しか見えません。

 

「未来」ばかりを見つめて頑張っていても、本来感じるべき、

今この瞬間の幸せをことごとく見逃しているかもしれません。

 

彼女との幸せな結婚生活を夢見て、仕事を頑張る。

それももちろん良いことでしょう。

でも、彼女の今日の笑顔をちゃんと見れていますか?

「当たり前」の一緒に食事する瞬間も、後から振り返ると

かけがえのない「大切な瞬間」です。

 

スマホばっかり見て、今この瞬間の美しいシーンを

見逃していませんか?

 

あなたのお子さん、その子の「今この瞬間」は

今ここにしかありません。

その子が10歳になった時に、「ああ、3歳のこの子としゃべりたい」

と思っても、もう遅いですよ。

 

ここで一曲聞いてもらいましょう!「クワイフ」で

「愛を教えてくれた君へ」です!


そう、「何気ないことが幸せだったって 当たり前でしょ」ですよ!

失ってから気づいても遅いんですよ!

その「当たり前」がすべて後から振り返ると幸せなんですよ!
そして、そうやって、「今この瞬間」の美しさ、大切さに

気づいて生きていくと、毎日毎瞬がかけがえのない幸せな瞬間に

なります。

 

そんな観点から世界を見たときに、あなたが本当にしたいことは

何ですか?

その中に実はあなたがこの世界で本当にするべきことが

隠れているかもしれません。

 

僕が考える本当の「頑張らない生き方」とは、

 

あなたが、気付けばそのことをしてしまうようなことは何ですか?

あなたが本当に大切にしたいことは何ですか?

あなたが死ぬ瞬間に「しとけばよかった」と思うことは何ですか?

あなたが大切にしたい人は誰ですか?

 

そういったことを考えたときに、思い浮かぶもの、人、物事、

 

それがきっとあなたがこの世界に生まれてきた本当の

目的です。

そのことに毎瞬、力を注いで行きましょう。

「失敗」なんてありません。

それに挑戦する日々があるだけです。その日々がまた

かけがえのない日々になります!

 

自分に「本当にしたいこと」をさせていけば、

色々なことが整っていくでしょう。

 

もちろん、今の仕事をすぐにやめましょうとは言いません。

 

でも、徐々にでも「あなたではない何か」になる努力を

止めていきましょう。

 

あなたが本来の姿で、本来の力を発揮するのが、

みんなにも喜びになります。

 

☆「頑張らない」を勘違いしないで!

以前こちらの記事↓でも書きましたが、

「頑張らない」生き方を勘違いしないで!

「頑張らない生き方」だからと言って、毎日生きることに

いい加減になることとは違います。

 

自己啓発やスピリチュアル、悟り系の教えなどを読んで、

それに共感すると、どうしても、そういう精神面の方に偏り過ぎて、

日常生活をいい加減に扱ってしまうという人も多いようです。

 

僕たちが元々、魂や神と呼ばれるような「目に見えない存在」

だったとしても、今存在しているのはこの「現実世界」と言われる

物質世界、3次元世界です。

 

この空間で生きている(という映像を見ている)ということは、

この世界で何かを体験したいから存在しています。

 

だから自分はこの肉体だけの存在ではない、

本来の自分の生き方をするんだ、と分かりつつ、

今目の前に起こっていることに、誠心誠意生きてください。

 

「頑張らない生き方」だからと言って、

「頑張っちゃダメだ!」「頑張ると良くない」と

極端に執着してしまって、何もしないようにするとかじゃなくて、

 

頑張りたければ頑張れば良いし、

自分を恥ずかしく思うなら、恥ずかしくないようになりましょう。

 

「頑張らない生き方」は「努力してはいけない生き方」ではありません。

その時その時自分の中に湧き上がってくる欲求、気持ち、焦りでもいいです、

それに従って、思うままに行動してください。

 

その湧き上がってくる欲求に抵抗せずに、従う生き方

それが本当の「頑張らない生き方」だと思います。