「頑張らない」生き方を勘違いしないで!
☆NLAメソッドとは?



young-people-3326646_960_720

☆頑張らなければ、夢はかなう?

さて、このブログでは「引き寄せじゃない最強引き寄せ法」

ということで書いていますが、

最近の自己啓発系の本などで、「頑張らない」
というのがテーマになっているものが増えている気がします。

何かかなえたい夢があるけど、それに向かって必死に
頑張ったり、戦略的に考えて行動したり、

そういうことをしないほうが、スムーズに夢がかなったりする

という、趣旨の話です。

もちろん、僕もこの理論には賛成だし、
実際、実践してきた中で、実感してきていますが、

一つ間違うと、大変なことになるかも!?

◎頑張ることのデメリットとは?

さて、この「頑張らない」生き方。
結構西洋(とくにアメリカ)では以前から、

自己啓発やスピリチュアル系の本の中で書かれてきましたが、

基本的に勤勉でまじめな日本人は、

戦争のころの、「欲しがりません勝つまでは」じゃないですけど、

まずは、頑張ってお金を稼いで、そして、将来、
楽な暮らしをしようという風潮が長く続いてきました。

しかし、それが原因で、会社人間・社会人間が多くなり、
家族の結びつきなどが薄くなっているともいわれています。

そして、「頑張る」ということの中には、

「自分を押し殺して 頑張る」
「将来のために今は辛抱して 頑張る」
「家族のために自分を犠牲にして 頑張る」

というような、思いが根本にあったり、

「頑張らなければ、私はだめだ」
「私は不完全だから頑張らないと追いつけない」
「頑張ればあの人のようになれる」

というように、自分の存在、尊厳
というものを、卑下した、小さく見ている
深層心理が働いていたりします。

だから、頑張れば頑張るほど、
自分を犠牲にして、自分の存在を認めていない

という状態が続くので、
セルフイメージが良くない状態で毎日を過ごしがちになります。

◎頑張らないとどうなるのか?

そして、最近言われている「頑張らない生き方」

によって、どういうことが起きるのか?
というと、

肩ひじ張って頑張らないことにより、リラックスする。

リラックスすることで、いいアイデアが浮かびやすい。

また、頑張らなくても大丈夫と信じることで、
自分は十分であるという、セルフイメージを強化し、
自然と行動が変わってくる。

頑張らなくてもいいよ、と自分を許してあげることで、
自分を大切にし、自分を犠牲にしない生き方ができる。

つまり、「頑張らないでも大丈夫な自分」という信念で
生活することで、

自動的に、大丈夫な現実を強化する情報が入ってきて、
「大丈夫な現実」を見るようになってくる。

という仕組みです。

◎でも勘違いしないで!

ところが、この「頑張らない生き方」も、

まずは、このセルフイメージを変えるということが
大事で、

「頑張らない!」「頑張っちゃダメ!」

というところが中心になってしまうと、

自分の中で迷いが出てきてしまい、結局
不安が湧いてきて、やっぱり、元通りに頑張ってしまう

という悪循環になりがちですが、

別に頑張ってもいいんです!

自分が頑張りたければ。

例えば、自分の体型に自信が持てない。
「でも、ダイエットを頑張っちゃだめ!」

だから、だらだらと寝て居よう・・・。

ところがそうやって頑張ってないのに、痩せない。
なんで?

という状態になりがちです。

ダイエットを頑張れる、
自分が頑張りたいなら頑張ればいい。

行動をするかしないかよりも、まず、

「太っている自分」=「ダメな自分・恥ずかしい自分」

じゃなくて、まずは、自分の理想よりも太っている
自分を受け入れて認めてあげます。

太っている自分でもいい、それでも最高。

自分を大切に見てあげます。

ダメな自分だから太っているのではなくて、
「太っているという現象」が起きているだけで、

自分がダメだと思うのは自分。

自分を恥ずかしい思いのまま放っておかないで。

そうじゃなくて、まず、どんな状態でも、
自分は最高。

だってこの世界に存在している
というだけで、最高だから。

そして、最高な自分ならどうしたい?
最高の自分ならどんな体系?
自信が持てるのはどんな自分?

ということを考えれば、自然と浮かんでくると思います。

そうなるためには、どう考えて、何をしたい?

◎「頑張らない」と「自分を大事にしない」は違う

自分の体型を「恥ずかしい」と感じているなら、

その、自分を恥ずかしいと思わせている自分を
見つめなおしてみてください。

あなたは、自分にいつまで恥ずかしい思いを
させ続けるんですか?

いつの間にか、「頑張らない」にこだわりすぎて、
「自分をいい加減に」扱ってませんか?

極端な話ですが、

街中で下半身裸だったらどうしますか?

急いでズボンやスカート、
または隠せる、段ボール、袋などを必死で探しませんか?

「頑張っちゃダメ!」と下半身裸のままで
恥ずかしい思いをし続けますか?ww

もし、自分を恥ずかしいと思っているなら、
すぐに恥ずかしい思いをしないようにしてみませんか?

まずは動いてみる。

でも、そこで「私は恥ずかしいからダメだ」じゃなくて、
今はこれでもいい。最高。

その最高の自分なら、いつでも大丈夫。

いつでも恥ずかしくない自分になれる。

その最高の自分でいるには、どんなことをしたい?
どんな体形でいたい?どんなものをえらぶ?

そういうことを基準に、気楽に行動することで、

「頑張らなくてもいい自分」

というのができてきます!

「頑張らない生き方」=「行動しない」

ではなくて、

「頑張らない生き方」=「最高の自分でいるには?」
            を基準に行動する生き方

ともいえると思います!

☆NLAメソッドとは?