imakoko

☆「いまここ」「今を生きる」とは感情や体の感覚を感じること

さて、自己啓発やスピリチュアル、悟り系の本などで、

「今ここにいること」「今この瞬間を生きる」

ということが、本来の自分に気づくことである、というようなことを

書いてあることがあります。

 

さて、その「今を生きる」とはどういうことなんでしょうか?

 

私たち、とくに現代に生きる人間は、どうしても

「頭の中」で生きています。

つまり、何かをしているとき、何かを感じているときも

常に何かを考え続けています。

 

一度、ボーっとして頭の中に集中してみてください。

逆に、「何も考えない」と思って静かにしてみると、

いつも常にたくさんの考えが浮かんでくるのが分かります。

 

瞑想などをしたことのある方ならよくわかると思いますが、

その「思考」を止めようとしても本当になかなか止まらなくて、

無心のつもりでも、無意識のうちに何かの思考に集中してしまって

居ることに気づくと思います。

 

つまり、私たちは、目の前で起こっていることや

体が感じていることなどを、そのままではなくて、思考に変換して

感じているという感じになります。

 

ところが、「思考」というのは、常に「過去」のことだったりします。

 

つまり、目の前で何かが起こる⇒それに対して思考が浮かぶ

 

という感じなので、常に一瞬過去のことを考えています。

または、何かを想像したり、未来のことを考えているときも、

今この瞬間には居ない状態になっています。

 

そこで、何かの感情を感じたり、体の感覚を感じる方に

集中して見ると、不思議と思考があまり浮かんでこないことに

気が付きます。

 

つまり、思考を通さないで、感情や体の感覚を感じるのは、

「今この瞬間に起こっていることを感じている」ということになります。

 

そうやって、今この瞬間に居続けることができると、

例えば「頭の中」で不安を感じたりして、

「こうなったらどうしよう」「ああなったら嫌だなあ」

ということを考えなくなります。

 

すると、実は問題はいつも自分の頭の中だけにある

ということに気づいてきます。

 

普段は、頭の中のストーリーをまるで現実のように思ってしまうことで、

不安に満ちた「現実」というものを見続けることになります。

 

そうすると、このブログでは繰り返し言っているように、

そういう「信念」が出来上がり、その「信念」がフィルターとなって、

 

さらに「不安な」情報ばかりを収集することになってしまって、

「不安な現実」を強化しつづけることになります。

 

もちろん、そこでポジティブな事ばかりを考えたり、

情報を聞き続けることで、ある程度変化は起こせますが、

どうしても根本的な部分が変化せずに、しばらくたつと

 

いつの間にか、以前のようにネガティブな中に漬かっている

という状態に戻ってしまいがちです。

 

だから、根本的にクリアになるには、出来るだけ常に

「感情や感覚を感じ続け」、「今この瞬間に存在し続けること」で

頭では理解できなくても、徐々に気づきがやってきます。

 

その感覚を信じてみてください!