さて、まあこのブログでは主に、
「引き寄せ」を中心に、僕が色々と学んで、
実践して、幸せな人生を生きていくためのヒントを

提供できればと思って書いてますが、

今回のように、散発的に「思いついたこと、感じたこと、
浮かんできたこと」なども書いていきたいと思います。

☆「批判や判断」はなぜ『毒』になるのか?

このブログに興味を持ってくれたあなたなら、
今まで何冊か自己啓発、スピリチュアル系の本を読んで、

「批判や判断をしない」というような内容を読んだかもしれない。

これをあなたがどのように解釈しているかは、わからないし、
人それぞれの解釈があっていいと思うので、
それは自由だけれど、

僕が先日の高熱中に頭に浮かんできた、この「批判や判断」が
なぜ「毒」になるのか?ということのイメージを

頑張って言葉にしてみたいと思いますw

まず特に、他人に対して、あなたが「批判や判断」を下す
というときはどのような心理状況だろうか?

大体の場合は、「相手が間違っている」とか、
「相手が自分の思い通りに動かないのでコントロールしたい」
と思っているときじゃないでしょうか?

つまり、

「相手が間違っている」=「私が合って(正解)いる」
=「自分の方が上」

というような「優越感」を感じたい

または、
「相手が自分の思い通りにならない」=「私の世界に持ってきたい」
=「みんなを自分の位置に持ってきたい」

相手を「コントロール」したい

というような心理状況が大半ではないでしょうか?

そのような心理状況がどのような影響を及ぼすかと言えば・・・

☆あなたの自信の無さが裏返る

つまり、上記の「優越感」にしても「コントロール」にしても、

「自我」が自分の存在感を「意味」のある
「権威」のあるものであると主張するための作戦
とも言えるし、

あなたの潜在的な「自信のなさ」の現れであると言える。

「優越感」は相手を自分よりも「下」に見ることによって
感じる感情であり、

常に自分よりも「下」の存在を探して、作り出して、
「批判・判断」することで、始めて「優越感」を感じる。

つまり、常に周りが自分よりも「下」であってもらわないといけないので、
あなたのマインドは、その「下」を探すことに大忙し。

本当の「幸せ」を感じる暇なんてなくなってしまいます。

そして、その状態を「裏返せば」

「私は、自分に自信が無いから、みんなを下に見ることで
初めて自分の存在に自信を持てる」

という心理が隠れています。

つまり、「優越感」を感じようとしている状態は、
逆に言えば、世界に対して、

「私は、自分に自信が無いんです!!」と宣言していることと
同じです。

また、「コントロール」にしても、

相手があなたの世界の中の住人でいてくれなければ困る。

相手が右に行こうとすれば、前に立ちはだかり、元に
戻そうとし、左に行こうとすればまた元に戻そうとし、

と、じつは、相手をコントロールしようとすると、

「あなたが相手を」ではなくて、
「相手によってあなた」がコントロールされている

ということに気づいていません。

四六時中あなたは周りをコントロールすることに
大忙しで、自分の人生を生きていないことに気づきません。

「世界をコントロールしなければ」ということに
コントロールし続けられています。

裏返せば、あなたは
「世界をコントロールしておかなければ、自分にとって
不都合な世界になってしまう。
自分だけが取り残される。一人きりになってしまう」

というような不安を持って生き続けているということになります。

そして「信念」は「世界を作り出す」ので、
あなたはずっとその「不安な世界」の中に自分で自分を
閉じ込めて、同じ場所をぐるぐると回り続けることになります。

経験が無いですか?

学校から会社員やアルバイトになってからも、
付き合うメンバーは変わっているのに、いつも
いつの間にか同じような人間関係になってきて、

いつも同じような問題で悩んでいるということが。

これはあなたの「信念」が作り出した世界の中で
生き続けているからです。

☆だから「批判や判断」はあなたを縛り付ける

以上のようなことから、「批判や判断」は
「優越感」や「コントロール」の罠であなたを縛り付けて

「不安と(コントロールしないとという)気苦労」の世界に
閉じ込め続けてしまいます。

人を批判して、コントロールして、優越感を感じて満足していても、
それはその時だけで、何の足しにもなりません。

じゃあ、その「罠」から抜け出すためには?
ということですが、

このブログの大きなテーマである、
「最強引き寄せ願望実現法」を実践していけば
良いんですがw

一言で簡単にいうとすれば、

「周りの世界や人のことは気にせず、
あなたが本当に「やりたいこと」ワクワクすることをやる」

ということだけです。

これができ始めれば、自然と自分に自信が持てて、
周りことは関係なくなってきます。

そうすると不思議と、色々なことが思い通りになってることに
気づくと思います。

「コントロール」を手放した時に、始めて、この世界を
思い通りにすることができます。