さて、まだ全然記事も書いてませんが、
書き留めておきたいことがあったので。

先週は火曜日の午後から、38.7~39.6度あたりの
高熱を丸2日間出してましたが…

結局医者には行ってないんですが、おそらくインフルエンザ
じゃないかと。

今までインフルエンザにも1~2回・かかったか
掛からないかくらいだと思うんですが、

今回もそうだったんですが、僕の場合、
割と高熱が出ても平気な方で、普通に歩き回れるくらいなんですが、
今回は、
丸二日平均39度以上な感じだったので、

2日目は単純に、喉の渇きと食欲が無くて、
ほとんど何も食べてなかったんで、さすがにしんどかったですね。

まあそれは良いとして、

個人的な感覚として、こういう高熱が出るときって、
「ウィルス」という概念もあるんでしょうけど、

精神的、肉体的に「変化」を求め始めたころに
高熱を出す。ということがあるような気がします。

最近僕はちょうど

精神的には「何かが足りない(退屈)」と感じていたり、
肉体的には「何かが溜まっている」という感覚があったりで、

色んな意味でスッキリしたい!

と思っていた時期で、

何か大きな変化が必要だと感じてたんですが、

それを踏み出せるようなきっかけとして、今回の
高熱が出たように感じました。

単純に高熱が平気な方だと言っても、さすがに仕事を
する気にはならなかったので、思い切って先週は、火曜日から
ほとんど寝てましたw

最初は仕事をしないと売り上げが落ちると
不安がありましたが、徐々に、「今は休むとき」
という精神的なメリハリがつくようになってきて、
「くつろげる」ようになってきました。

そして、高熱が出る前まで、癖のように間が空くと
携帯ゲームを開いたりしてましたが、
それらに急に興味が無くなりました。

そして、最初の2日間は本当に全く食欲がなく。
その後も、食べれるけど、「飢えない」という感じで、

物理的にお腹は空くけれど、以前のように、
「うお~~!腹減っていっぱい食べたい!」
という気持ちが薄れた気がします。

「執着」とか「依存」していたことに
意味を感じなくなったような気がします。

これって、やはり「そのただなか」につかりきっているとき
には、「見えなく」なっていることだと思うので、

そこから抜け出すというのは難しいと思うんですが、
高熱でいつもと違う状況、精神状態、肉体状態、

ある種「浮世離れ」したことで、見えるものというのがある気がします。

精神的にもそうだし、肉体的にも、「飢え」から
開放されたことで、単純に痩せてきましたw
このまま苦も無く目標体重まで減らせそうです。

まあ、今回の記事で何が言いたいかと言えば、

「発熱」という、一般的には「病気」ととらわれて、
忌避されるような事柄も、

視点を変えれば、「意味のある変化」をもたらすもの
であったりする。

世間で嫌われているからと言って、その影響を受けて、
「これはダメ!あれもダメ!」と避けるばかりではなくて、

全ての起こる出来事にフラットな態度で
受け入れることができれば、

ポジティブなことにだってしていける。
ということだと思います。