さて、今回は、ちょっと面白い話を聞いたので、
それをシェアしたいと思います。

☆好きなことを追及すると引き寄せが起こる

僕の奥さんのママ友に、「まつ毛エクステ」専門で、
自宅で開業している方がいるんですが、

彼女は、元々美容師を目指して美容室に務めたんですが、
毎日朝早くから出勤して、終電で帰るような生活をして、
それで1年たっても、させてもらえる仕事と言えばカラーリングの容器を
用意するくらいまでしかできなくて、

美容師という仕事にも面白みを感じられなくなり、

そのうち出会ったのが、「まつ毛のエクステ」という仕事でした。
彼女は、このまつ毛のエクステを付けるという作業が非常に好きで、
ハマったそうです。

そのために研修を受けて、資格を取得し、
就職したんですが、そのサロンもそんな資格を必要とする
仕事にもかかわらず、時給800円くらいしか払ってくれず、

しかも、開店時間は拘束されるのに、客がいないときは、
「就労時間」とみなされなくて、つまり極端な話、

8時間店にいたとしても、作業時間が1時間だったら、800円しか
入らないという・・・。

月に3万円くらいしか稼げなかったそうです。

その労働環境に耐えられなくなった彼女は、店を辞めて
自分で開業することはできないかと模索し始めます。

「まつ毛エクステ」で開業するには、

まず、美容師の資格が必要でした。

彼女は、美容師を目指していたので、この資格は持っています。

そして、もう一つの条件としては、

自宅で開業する場合、リビングを通らずに、施術室が
有ることが条件となります。

つまり、玄関を入ったらすぐ横に部屋があるという家、
そして、その部屋に水道が通っているということが条件なんですが、

家を探し始めて割とすぐに予算も含めて、ぴったりの条件の家が
出てきました。

彼女は迷わず、その家を買い(もちろん旦那さんと相談して)
自宅で「まつ毛エクステ」のサロンを開業し始めました。

すると、口コミで客はどんどん増えて、今では
春先や年末は予約でいっぱいになるくらい人気になっているそうです。

☆一見マイナスも実は必要な経験

彼女はもともと「まつ毛エクステ」施術師を目指していたわけではありませんが、

美容師を目指して、挫折して、

一見、夢に破れたように見えますが、
美容師として務めていたことで、開業に必要な美容師の資格を手に入れていて、
「まつ毛エクステ」という仕事にも出会います。

また、まつ毛エクステで最初に努めたサロンの労働環境が
悪かったことも、一見マイナスな出来事ですが、

そのことで、自分で開業しようという意欲につながりました。

その時点ではネガティブに見える出来事も、
実はすべて、その後の人生の上でプラスになっていくということが
結構起こります。

特に、自分が本当に好きで、情熱を感じて、
「頑張らなくても」頑張れてしまうということ、
ワクワクを感じることというのは、

そういう、「引き寄せ」が起こりやすいです。

「ああ、今までのネガティブに思えていた出来事は
全てこのためだったのか!」

と気づく瞬間がやってきます。

今の仕事をすぐにやめて、自分の夢に向かってください!
とまでは言いませんがw

たとえそれがお金に結びつかないように思えることでも、
どんな形でも、少しずつでも実行して、動いてみてください。

それが不思議な引き寄せを起こしてくれるかもしれません。

あなたが本当に目指す道はそちらにあるかもしれませんよ。