さて、前回、やっと本格的に「メイン」である、
「最強引き寄せ法」のコンテンツを書き始めたばかりで、
早速今回、「こぼれ話」的な記事になってしまいますが、

おもいついたというか、実感した瞬間に書いておきたいので、
書いておきます。

☆思い立ったことをすぐにするのが結果的に正しい

人間、時々ふと「これをしてみようかな」というような
「ひらめき」や「思い付き」などがありますが、

大体の場合、じっくり考えているときよりも、ふとした瞬間に
浮かんでくることが多いと思います。

特に、リラックスしているときなどが多いので、
昔の有名な話で「アルキメデスの原理の話」でいわれているように、

アルキメデスが、お風呂に入っているときに突然、アルキメデスの原理が
ひらめいて、服を着るのも忘れて、街中に飛び出して、
喜んだ・・・

という逸話がありますが、

特に、そういう何の心構えもないときに突然ひらめいたりします。

そこには、顕在意識、つまり普段私たちが意識できる
思考の部分が介在していないので、

突拍子もないことだったりしますが、

ここで、そのひらめきを、顕在意識が「判断」して、
「いやあ、この考えは間違っている」とか、思って
行動しないでおく、ということも多いんですが、

実は、それは潜在意識からの「ヒント」だったりするので、
その「ひらめき」の通りに行動することで、

その行動自体が良い結果をもたらしても、悪い結果をもたらしても、
長い目で見れば、じつはその行動が基点になって、

その後の人生が大きく変化したというようなことが
起きたりします。

つまり、いい結果の場合は、それが正しい道だった
ということになるし、

悪い結果だったときは、その失敗によって、
自分の思い込みが正しくなかったことや、今までの常識が
自分の夢を実現させるためには邪魔になるので、

それを払拭するために、その間違いに気づくためにその失敗が
起こったりします。

☆潜在意識は知っている

これは「天才 機能脳科学者」と言われている苫米地英人さん
とかもよく言ってますが、

人間は、肉体的な体温を保とうとする、「ホメオスタシス」が
働いていますが、それは、肉体、物理的だけじゃなくて、

心理的にも働いています。

つまり、潜在意識は
「この人が危険じゃないように」
「この人が傷ついたりしないように」

という風に、危険な道を選ばないように、
無意識のうちに、思考や行動を管理しているので、

普段と全く違う行動をとらせたりはしません。
そうなると、自動的に、今日は昨日の延長であり、
明日は今日の延長という風に、あまり変化の無い日々が
続く・・・

という状態に陥りがちですが、
(いわゆるルーチンの毎日という感じになりますが)

「ひらめき」はその人が強く「変化」を求めた時などに、
その変化のない毎日に変化をもたらすために、

つまり、現状が居心地が悪くなってきて、
潜在意識が、その人が求める、「新しい毎日」を
もたらすために、

変化のない毎日を変化させるヒントとして、
「ひらめき」を与えてくれたりします。

なので、それを思考で考えて、
「これは正しい」とか「正しくない」
と判断して行動せずにいると、

やはり、変化の無い毎日が続くことになります。

どんな結果になろうとも、そういう「ひらめき」を
信頼して、行動していくと、

その行動自体は成功であっても、失敗であっても、
その先の望む人生を開いてくれる

大きなきっかけになっていきます。

是非、ひらめきを信頼して、行動してみてください!