さて、メインコンテンツをまだ1回しか書いてないのに、
思いつくことがたくさんあるので、
どんどん書いていきますねw

メインコンテンツを楽しみにしている方は
もう少しお待ちください。

僕は今6歳と4歳の男の子の親なんですが、
最近まで、子供たちとの接し方なんかで
迷っていた部分もありつつ、基本的には友達
みたいな感覚で付き合ってきたんですが、

僕と、僕の両親との関係性で感じていたことや、
実際に自分が子育てをしてみて感じた、
また、幼稚園の息子たちのお友達とご両親との関係性を
話に聞いて感じたことを書いてみたいと思います。

まあ、僕が思う、理想の子育てをする親のあり方
という感じですね。

これはあくまで僕の理想なので、色々な考え方があると思うので、
「心理学や科学的にこうだから、こうしてください」
というような話ではないので、参考程度に読んでくださいw

☆親とは漢字の表している通り・・・

まあこれはよく言われることなんですが、

「親」という感じは、「立」「木」「見」という感じが
合わさってできています。

そこで、親の役目は、木陰に立って子供たちを見守るのが理想
という感じでいわれたりします。

僕も基本的にはその意見に同意しますし、

子供たちの個性というものを尊重して、
一般社会で注意するべきことなんかは助言するけど、

出来るだけその子がしたいことをさせてあげる。

というのが良いかなと思っています。

そして、僕が思う、親の最大の役目は、
「子だもたちがこの世界を、楽しそう!大人って面白そう!」
「こうやって生きたら幸せになれるんだ!」

という見本になるべきじゃないかなと思っています。

色々話を聞くと、
多くの親が、「私のように苦労してほしくないから、こうしたほうが良いよ」

という言い方で、子供たちに習い事をさせたり、
勉強を頑張らせたりしますが、

そういう言い方をする人に限って、あまり幸せそうに見えなかったりします。

つまり、自分が実際今現在「幸せ」と感じていないから、
「もっと勉強をしておけば、もっと特技を持っていれば」

と考えて、子供たちに期待をかけますが、

かといって、その人は、実際にもっと勉強をして、
習い事をして、幸せな人生を生きてきたわけではないのに、

なぜ、たくさん勉強したり、習い事をすれば幸せになれると
分かるんでしょうか?

そして、子供が「歌手になりたい」とか「サッカー選手になりたい」
とか言うと、

「そんなの一握りの人しかなれないんだから、
もっと確実な道を歩みなさい」と言ったりします。

なぜ、その子が「歌手」や「サッカー選手」になれないと分かるんでしょうか?
歌手になったら幸せになれないと知ってるんでしょうか?

まあ、もちろん、歌手やスポーツ選手になって堕落して
不幸と言われる人もいます。

でも、だからと言って、確実と言われるサラリーマンを
選んでみんな幸せでしょうか?
いきなりクビになって、路頭に迷っている人もいます。

逆に、歌手やスポーツ選手で大成功して、引退後も
コーチや監督なんかになって幸せそうにしている人もいます。

はっきり言って、どんな道を選んでも、
幸せになれるかどうかは、本人の気持ちの持ちようだったり、
努力のしようだったりします。

だから、子供が何かに挑戦したいなら、
出来るだけさせてあげて、もし失敗したなら、

精神的にも物理的にも援助してあげられる、
いつでも帰っておいでという環境を作ってあげる
というのが理想だと思います。

また、子供に「幸せ」に生きてもらいたいなら、
まずは、「自分たちが幸せ」を知らないと教えようがありません。

もちろん、だからと言って、みんな子供のころからの
夢を今すぐ実現させて、幸せを感じて子供たちに
その姿(背中)を見せましょう!

と言っても難しいかもしれませんが、
今始められる、例えば、休みの日には、思いっきり
自分の趣味を楽しんで、その趣味に連れていくとか、

夫婦でデートを楽しんで、その姿を子供たちに
見せるとか、

週末はパーティーを開いて、友人たちと
思いっきり踊ったり、騒いだりして、その姿を
見せるとか。

自分たちが出来る範囲でもいいので、
そういう、親もこの世界を楽しむということから
始めて、その姿を子供たちに見せてあげることで、

「この世界って楽しいかも。大人って面白いかも」
と思ってもらえれば、儲けものですよね。

また、そうやって、親も楽しんでいれば、
波動も変わって、フィルターも変わって、
どんどん新しい幸せが引き寄せられてくる、
新しい現実が見えてくるようになってきます。

まずは、親がこの世界を楽しんじゃいましょう!!