☆「引き寄せの法則」のためにできること

こんにちは!カウンセラーで気功師で

「NLAメソッド」のトモヒトです!

 

さて僕は、独自の「NLAメソッド」を提唱してますが、

その基礎として、やはり「引き寄せの法則」の

存在は無視できません。

 

ただ、一般的な「引き寄せの法則」を扱っている方たち

とは少し捉え方が違うという気もします。

 

「引き寄せの法則」を教えたり、セミナーをしている方の

話を聞いていると、その方自身はどう思っているか、

どういうスタンスで言っているかはわかりませんが、

 

基本的に「願望にフォーカスして、波動を変える」

とか、「理想の未来を思い描いて」とか、

 

「未来志向」という感じがするんですね。

 

もちろん、理想の未来を思い描くことが悪いこと

じゃないんですが、

 

根本的にどこか「今の自分がダメだから」変えなければいけない

「波動」だったり「考え方」を変えないと、

 

明るい未来はやってこない・・・

 

もう一度言いますが、ご本人たちがどういうつもりで

言っているかはわかりませんが、きっと聞いている人は、

 

「よし、じゃあ今日から自分を変えていこう!」

とか

「よし、ネガティブな考えはやめよう!」

ということになりがちだと思うんですね。

 

実際、僕のそういう時期もあったし、

引き寄せがうまく行かないと、

「ああ、自分の考え方が間違っていたんだ」

「ネガティブなことを意識しちゃってたのかな?」

 

という風に、自分がうまくやれてないという感じに

なりがちです。

 

しかし、「引き寄せ」の本質は、そういうことではない!

と気づきがありました。

 

それは、僕がとにかくネガティブな出来事が続いて、

もうどうしても、抜け出せないような気分になったり、

 

「もうどうせ人生うまくいかないんでしょ」

というような気持になって、堕ちるところまで

落ちた時に、

 

「あ!そういうことか!」という「大きな気づき」が

訪れました。

 

結局いつも、そういう人生の中での「気づき」や、

その後の人生の「教訓」になることって、いつも、

「ネガティブ」な出来事がもたらしてくれる

ということに気づいたんです。

 

また、一番わかりやすいのが、「お金」ですが、

「お金」が無くなってくると、「これはやばい!」と

思って、

 

特に、自分でビジネスをしていると、

「なんかできることはないか!?」

「どうにか少しでも稼げることはないか?」

 

と今までやってこなかったことに一気に挑戦

出来たりするんですね。

 

そして、結果的にその時にじたばたしたことで、

稼げたりもするし、

 

その時にいつもとは違うことを出来たことで、

新しいことに挑戦することへの気持ち的な抵抗が

なくなったりします。

 

そうしたら、それから一気に「自分のやるべきこと」

というのが見えてきて、それまでとは、気持ちが全然

ちがう、迷いがなくなる。

 

ということが起こります。

 

ある程度お金があった時は、

「まあ、これは今度でいいか」となかなか

手を付けていなかったことを、

 

すぐに実行して、しかも、かなり集中して

取り組むことが出来るようになったり、

 

「ネガティブ」さえも、実は、本来の、

自分の「最高の人生」への入り口だったりします。

 

なので、「ポジティブシンキング」に偏りすぎたり

しないで、

うまく行ってないように見えることは、そのまま

認めつつ、「努力して」自分を無理矢理変えようとするんじゃなくて、

 

身を流れに任せつつ、その時自分が出来る最高のことをしていく。

 

それが結局、最高の「引き寄せ」だったりします。