☆「頑張らない」の本当の意味とは?

こんにちは!「NLAメソッド」のトモヒトです!

 

今回は、引き寄せの法則やスピリチュアル

などの本やブログなどを読んでいると

 

よく出てくる「頑張らない」ということ。

 

僕も最初聞いたときはそう思ったし、

読者さんからも、メールで

「本当に頑張らなくてもいいんでしょうか?」

 

というようなご質問をいただいたりするんですが、

そのことについて僕の見解を書いてみたいと思います。

 

◎そもそも「頑張る」って?

例えば、ネットで「頑張る」を検索してみると、

1、忍耐して、努力しとおす。気張る。

2、ゆずらず強く主張し通す。

 

と出てきます。

 

イメージとしては、歯を食いしばって、

足を踏ん張って、とどまり、力の限りに努力する

 

というようなイメージですが、

たしかに、「引き寄せ」的に言うと、

 

というか、「引き寄せの法則」を使いたい

と言う人はきっと、「出来るだけ努力したくない」

ということから、「引き寄せで楽に実現できないかな」

 

と考えてるでしょ!?わかってますよw

僕もそうでしたからww

 

そういう人からすると、頑張るのは嫌ですよねw

 

だから、「頑張らないでいいよ」と言われると

安心するし、信じたいけど、

 

「本当に頑張らないで大丈夫?」とか

「じゃあ、ダラダラしていても引き寄せられるの?」

とかって、

 

思ってしまうのもわかりますw

 

そして、結論から言うと、

「頑張らないで大丈夫なの?」と思っているとしたら、

止めておいた方がいいですw

 

そう感じるということは、あなたの奥底の「信念」は

「この世界は頑張らないと成功しない」

「この現実では頑張らないと稼げない」

「私は頑張ってないと愛されない」

 

という感じになっていると思うので、

そのまま、本当に頑張らなければ、何も実現しませんw

 

◎「頑張らない」1つ目の解釈

 

そして、色々な人が言っている「頑張らない」

人によって少しずつニュアンスが違ったりするので、

一概には言えないんですが、

 

まず一つ目の解釈として、

「頑張る」ということは、

「努力しないと実現しない」と信じているという

状態で、

 

「自分の夢の実現は難しい」という前提で生きている

ということなので、

余計に夢が実現しにくくなる・・・

 

という考え方です。

 

そもそも「引き寄せの法則」の基本としては、

あなたの状態「気持ち、信念、雰囲気」などが

そのまま現実として引き寄せられるという法則なので、

 

「頑張る」ということは、

それだけ、努力が必要であるという「信念」を持っている

ということで、それがそのまま現実として目の前に

広がっていきます。

 

◎「頑張らない」2つ目の解釈

そして、2つ目の解釈としては、

 

「あなたじゃないものになろうとしなくていいよ」

「背伸びして頑張らなくてもいいよ」

 

ということです。

 

頑張らないといけない状況と言えば、

自分の能力を超えて、伸びていこうとか、

 

本来自分の苦手なことに挑戦する

という感じだと思うんですが、

 

それ自体は良いことだと思いますが、

重要なのはその時の気持ちです。

 

ワクワクしながら、自分の能力を伸ばすことや、

苦手を克復しているなら素晴らしいですが、

 

嫌々なのに、「成功のために」「生活のために」

と頑張っている状態だと、

 

さらに苦しい現実が目の前に広がるでしょう。

 

◎トモヒト流の解釈

そして、僕なりの「頑張る」の解釈を書いておくと、

 

人はそれぞれ「個性」というものを持っています。

そして、一人一人、「できること」「できないこと」

が違っていると思います。

 

その、「自分ができること」

それに誠心誠意100%で取り組むということです。

 

そして、自分が自分の役割を全うすれば、

かならず世界に貢献できて、

みんなを幸せにできると信じて生きること。

 

あなたがあなたである意味、

あなたがあなたのままで誰かに、世界に

貢献できることは何か?

 

それを見つけてください。

 

◎自分の価値を下げない

また、今朝NHKの朝ドラ「まんぷく」でも

主人公の立花萬平さんが言っていましたが、

 

「自分の価値を信じて(下げることなく)、

本当に必要としている人に提供する」

 

ドラマの中で、

画期的な発明品と言ってもいいカップ入りの

ヌードル「まんぷくヌードル」がやっと完成

したものの、当時100円という価格では、

 

みんな、「高い」と言って売り上げが低迷。

 

社員たちは口々に「値段を下げないと」と

言い始めます。

 

しかしそんな中、社長の立花萬平さんは

先ほどのようなことを言い続け、

 

「まんぷくヌードル」は必要な人からすれば、

十分に100円の価値があると信じ続け、

社員たちを鼓舞し、徐々に売り上げを上げていきます。

 

あなたも自分自身の価値を信じてください。

 

あなたという存在はこの世界に唯一です。

 

あなた以上に「あなた」な人は他に居ません。

 

野生の動物が「可愛く見られよう」「かっこよくしよう」

として頑張ってますか?

 

それでも、そのただ生きる姿を見て、

僕たちは、心癒されたり、感動します。

 

自分のどんな特技でも胸を張って発表しましょう。

 

それを必要とする人が必ずいます。

 

「あなた自身」を胸を張って生きる。

 

その姿を見て、きっと人は

「あの人頑張ってるなあ」と微笑ましい目で

見ることでしょう。