000001-1

☆[劇的]実践!パニック障害克服法!

こんにちは!トモヒトです!

このブログでは、僕が考案した「NLAメソッド」

について書いているんですが、そのメソッドを作る

キッカケとなった「パニック障害」。

 

その克服法を書いてみたいと思いました。

 

ブログでは何度も書いていますが、

僕は、現在40代前半ですが、20歳ころから、

20代前半の頃は、「パニック障害」に悩まされて、

 

一時期は、

「怖くて家を一歩も出られない」

「顔を洗うのも怖い」

というような状態になってしまいました。

◎最初は電車の中で

僕が初めて「パニック発作」を起こしたのは、

電車の中でした。

その頃は、音楽の専門学校(レコーディング科)に

通っていたんですが、

 

その帰り、夜8時ころに電車で座っていると、

急にお腹の中から、分けのわからない「不安感」が

一気に湧き出してきて、

 

そのまま、呼吸困難になり、激しく呼吸していると、

そのうちめまいや手足のしびれが起こってきました。

 

とにかく怖かったのを覚えています。

 

それから、電車に乗ると、理由のわからない不安感に

襲われるようになり、

何度も駅で降りて、ベンチでしばらく休んでから、

また乗るけど、結局学校まで行けない

という日々が続き、そのうち電車に乗る気力もなくなっていき、

 

とうとう、専門学校を退学するまでになってしまいました。

 

◎医者にも理解されない

 

そして、僕がパニック障害になり始めた頃というのは、

一般的に「パニック障害」という言葉さえも無くて、

 

お医者さんも何軒か回りましたが、

「考えすぎじゃないですかね」

「空腹時に低血糖になっているとか?」

 

と言うように、「『精神科・心療内科』に来るような

ことじゃないよ」と言わんばかりの態度で接するお医者さんも

いました。

 

最後に訪れた「クリニック」でやっと、

「『不安神経症』の一種だね」、

「真面目とか、完璧主義の人がなりやすいよ」

と言われて、やっと理解してくれる人に出会えた!

 

という感じでしたが、だからと言ってすぐに良くなるわけもなく、

「抗不安薬」を処方してもらって、

発作が起きそうになると、お薬で抑えるということを

繰り返していたんですが、

 

僕の場合は、徐々に「抗不安薬」も効かなくなってしまい、

 

不安感はほとんど一日中襲ってくるようになり、

 

家を出ることはもちろん、ベッドで寝ていても、

「家の床が抜けて落ちないだろうか」とか、

 

一番ひどかったときは、

「顔が剥がれ落ちるかもしれない」と

顔を洗うのさえ怖いという状態になってしまいました。

 

◎これは自分で改善しないと!

今でこそ、有名人なども「パニック障害」を公表し、

一般的になったことで、

 

「精神科や心療内科」などでも、その改善法などが

徐々に確立されつつあるとはいえ、

薬物治療などで済まされることも多く、

 

根本的な改善というのはなかなか難しいんじゃないかと思います。

 

ましてや、僕が苦しんだ頃は、お医者さんに行っても

分かってもらえない、処方されている薬も効かなくなってくる

 

ということで、このままさらに「強いお薬」を出されて、

「薬が無いと生活できない」という状態になるのが

怖かったのもあったし、

 

20代前半ということで、このまま仕事にもいけずに、

どうやって生活していくんだ!

という不安から、

「これは、自分で改善していかないと!」と決意し、

 

そこから、心理学、脳科学、スピリチュアル、自己啓発

 

などなど、少しでも「ヒント」が無いかと、

それまではほとんど興味もなかったような

ジャンルの本をたくさん読みました。

 

◎発見した「ヒント」

 

たくさんの読書をする中で、自分の中でいくつかの

「ヒント」を見つけていきました。

1、パニック発作の原因

まず、「パニック発作」の症状、

・呼吸困難(過換気症候群)

・めまい、手足のしびれ

などは、心身の緊張からくる、

「不安反応」だということが分かりました。

 

そして、発作の時は自分では、「息が吸えない」と

思い込んで必死に息をしていたのが、

 

逆に、「酸素過多」「二酸化炭素不足」

になることで、体の中の電解質のバランスをくずし、

 

めまいや、手足のしびれにつながっていくということが

分かりました。

 

2、「不安反応」の原因

そして、その「パニック発作」を起こしてしまう、

「不安」に対する、心身の反応というものが、

なぜ起きるのか?

 

ということについては、

先ほども書いたように、「真面目」「完璧主義」

などの性格の特性上、

 

なかなか自分を認めることが出来ず、

他人の目を気にしやすい傾向にあるということから、

 

まるで、体の「アレルギー反応」のように、

心の「免疫機能」が過剰に反応してしまっている

ということが分かりました。

 

3、感情の抑圧が原因

そして、もう一つ、「パニック障害」の大きな

原因の一つとして、「感情の抑圧」ということが

関係しています。

 

つまり、「真面目」「完璧主義」というタイプは、

「プライドが高い」「人目を気にする」

「人から認められたい」

 

などの特徴から、

「弱い部分を見せたくない」

「人に悩みを打ち明けられない」

「正直な気持ちを表現できない」

という、普段から気持ちを抑圧しやすい傾向にあります。

 

全部、当時の僕ですけどねww

 

こうやって、普段から「感情を抑圧」し続ける

ことで、「トラウマ」が積み重なって、

それがあふれ出した状態が、

「パニック障害」として出てきている。と言えます

 

◎相反する感情を抱き続けている

 

そして、その裏では、実は

「自分に自信が無い」

「人から愛されていないと思っている」

「ちゃんとしてないと人から愛されない」

「俺の方がすごいに決まってる」

 

などなど、人に愛されたいけど、

人に対抗意識を燃やしている・・・

 

そのために、実はしんどいのに、頑張り続ける、

 

また、対抗意識から、人に対して、

攻撃的なことや、自己顕示の自慢のようなことを

言ってしまって、1人の時に自己嫌悪に陥りやすい

 

という状態になりがちです。

 

これも、全部僕ですけどww

 

そうやって、相反する気持ちを抱き続けて、

矛盾を抱えながら生きているために、

心がいっぱいいっぱいになってしまいます。

 

このようなことから、自分を追いつめて、

「パニック障害」になっていったと思います。

 

☆どうすれば、「パニック障害」を改善できるか?

そして、僕は自分で改善するために、

色々なことを試しました。

 

先ほども言ったように、「パニック発作」の

原因としては、

 

「心身の緊張」があり、

 

その「心身の緊張」は、普段からの性格特性が

大きく影響しています。

 

そして、その「性格特性」というものは、

「自信の無さ」「対抗意識」などから

生まれてきています。

 

その根本は、「人から愛されたい」

という心理の現れだったりします。

 

そこで、僕が実践した「パニック障害克服法」としては、

 

1、パニック発作の対処法

 

まずは、体の緊張からくる、息のしにくさで起こる

過呼吸(酸素過多)に対処することから

始めました。

 

2、体の緊張を改善する

 

そして、発作の直接的な原因となる、

「体の緊張」が起こりにくいように、常にリラックス

していられる状態を訓練しました。

 

3、心の緊張を改善する

 

そして、体の緊張の原因である、

「心の緊張」を改善する訓練をしました。

 

4、感情の抑圧を改善する

 

いままで抑圧してきた感情を開放することで、

心の緊張を解いていきました。

 

5、飛び込んでみる

 

最後に、徐々に改善した来た時点で、実際に

電車に乗るなどの、出来なくなってしまったことに

飛び込んで、「大丈夫」を重ねて、自信を取り戻し、

それを習慣化していきました。

 

 

このことで、僕は現在、全くと言っていいほど

「パニック障害」に悩まされることなく、

 

電車にも乗れるようになり、車の運転も普通に

出来るようになりました。

 

 

☆とにかくリラックス!

 

そして、とにかく普段の生活で、いつも出来るだけ

リラックスしていることができれば、

 

段々と「パニック発作」は出にくくなるし、

さらに、今まで自分の人生の成功を邪魔していた

「信念」が変わっていくことで、

 

かなり人生自体が「楽になる」ということを実感できます。

 

「パニック障害」は、あなたに、

「もっと楽に、ゆっくり休んで

楽しく生きていく方がいいよ」

 

ということを教えてくれる、警報みたいなもの

と思ってもいいんです。

 

あなたは、今まで本当に頑張ってきました。

それ以上頑張らなくてもいいんです。

 

僕が実際に実践して、「パニック障害」を克復した方法を

試してもらえれば、きっと良くなると思います。

 

☆「実践!パニック障害克服法」

1、パニック障害になってしまうメカニズムとは?

2、パニック障害になりやすい人の深層心理

3、パニック障害は「心のアレルギー症状」?

4、パニック発作が起こる仕組みと対処法

5、体にリラックス状態を覚え込ませる

6、心を緩めていく

7、自分の「信念」を書き換えていく

8、前向きな情報に触れる

9、怖い部分に飛び込んでみる!

10、「パニック発作」を味わい尽くしてみる!

 

以上のように、僕が考えて、本当に効果のあった

克服法を、段階ごとに、詳しく説明しています。

 

本当に僕はこれで、半年くらいで、電車にも乗れて、

普通に一人で出かけられるようになったし、

 

人生全般が「楽」に感じるようになりました。

 

 

000001-6

[実践!パニック障害克服法]再販権付!

価格:3000円

PDF55ページ 19000文字に及ぶ

大ボリュームです!

 

現在、paypal決済で購入可能です。

paypalアカウントをお持ちでない方も、ゲスト購入で

ご購入いただけます。

決済画面には「スパイラル」という屋号が表示されます。

000001-5

書籍御購入のお客様に対して本書の内容に関して個別にメールサポート致します。

購入者の方は気兼ねなく御相談下さい。

 

「3000円」と聞いて、「高い!」と思った方も

居るかもしれませんが、

 

これは、僕が実際にいろいろと試して、本当に

効果があった方法ですし、

 

もしかすると、本屋や医者に行っても知ることのできない

方法かもしれません。

(少なくとも僕は知りません)

 

そして、この価格にはもう一つの秘密があります。

それは、僕が当時悩んだ「パニック障害」で

仕事に行けずに、

「お金を稼げない」ということを

解決する方法として活用できるんですが、

 

☆あなたの商品として、売っていただけます!

マニュアル内に詳しく書いていますが、

 

この「実践!パニック障害克服法」は

「リセールライト」商品で、

1、価格を変更しない(3000円)

2、内容を変更しない

という2つの条件を守ってくれれば、

あなたが、自分の商品として売ってくれて結構です。

 

もちろん、その3000円は丸々あなたのものです。

僕に「いくらかバック」してもらう必要はありません。

 

もし1日に1冊売れれば、3000×30=90000円が

副収入になります。

 

マニュアル内に、簡単な販売方法なども

解説しています。

 

この商品を「リセールライト」商品にした理由は、

やはり、僕が実際に20代前半に、

「パニック障害」になって、家を出られなくなった時に感じたのが、

出掛けられない、仕事に行けない、お金を稼げない

ということでした。

 

ですので、このレポートをご購入いただいて、

効果があったと感じていただいた方には、それをそのまま

販売してもらって、お金を稼いでもらいたいと思ったんです。

 

もちろん、僕もそうやって売ってもらえれば、ブログや

他のサービスなんかに人が集まってくれるので、

非常にメリットがあります。

 

この「リセールライト」の方法は、アメリカなんかでは、

当たり前に使われている方法なんですが、

日本ではあまり浸透してないですね。

でも、「怪しい商法」とかではなくて、

 

この「リセールライト(再販権)」の方法を使う上では、

このレポートを手に取った人が「なんだよこれ!」

と思われてしまうと、ブログなどに文句を書かれるという

リスクもあるので、

 

僕はいい加減なものは提供できません。

いい加減なものを提供すれば、そのまま自分に返ってくるからです。

だから、安心してください。

 

現在、paypal決済で購入可能です。

paypalアカウントをお持ちでない方も、ゲスト購入で

ご購入いただけます。

決済画面には「スパイラル」という屋号が表示されます。

000001-5

ページの先頭へ